FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

『となりの猫又ジュリ』 重版出来!

  1. 2018/05/13(日) 15:00:19_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
『となりの猫又ジュリ』 国土社  重版出来です!

       無題
 絵とタイトル文字は、ともにはしもとえつよさん。もんのすごく魅力的でしょ
 
 第47回長崎県読書感想文課題図書に選定していただきました。 
 さらに、「灯台」6月号に、漆原智良先生が紹介してくださいました。

       ジュリ2
 
 ありがとうございます! 
 暖かなコメントに、思わずウルウル・・・。

物語のなかに、飼い主にかまってもらえず、
恨みをためたまま死んでいく犬が出てきます。
このコは、わたしが小学生のころ、近所の家にいた犬がモデルになっています。
あるかなしかの小さな庭、というか、家と塀とのすきまにぼろぼろの犬小屋があり、
短すぎるひもにつながれ、いつもうずくまっていた、やせて汚れた犬。
どう見ても、放っておかれている犬でした。
動物好きの母はよく、「ポッキ!」と声をかけてやっていました。
「ポッキ」という文字が犬小屋の破れ壁にペンキで書いてあったのです。
お菓子の「ポッキー」が発売されてしばらくたったころでした。
「ポッキ」は、呼ばれるとのそのそ顔をあげ、
だるそうにしっぽを揺らしました。
母が持ってきたパンなどを投げてやると、
特別ガツガツするふうでもなく、パクリと飲み込んでいました。
たいしておなかがすいていないのかと思いましたが、
でもたしかに「ポッキ」はガリガリで、おなかの皮膚がだらんと垂れさがっていました。
「かまってもらってないから、まるで元気がないんだよ。かわいそうにねえ。
散歩もぜんぜんさせてもらっていないんじゃないかな」と
母はためいきをつきました。
しばらくして「ポッキ」の姿は見えなくなりました。
死んだのでしょう。
その魂がいつまでもあの汚い犬小屋に
うずくまっているような気がして、わたしはそこを通るのが怖くなりました。

そんなことから、この物語の登場キャラクターとなりました。
あのときは、なにもしてやれなくてごめんね、「ポッキ」。
君の魂が、これで少しは救われた、と思いたいなあ。

スポンサーサイト


<<「好き」から見える。 | BLOG TOP | テレビが町にやってきた>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR