金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

『クレオパトラ』新刊です!

  1. 2018/04/22(日) 16:16:18_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
学研プラスから、『クレオパトラ』が発売になります! 絵は佐々木メエさん。

        表紙_ 帯付き


「やさしく読めるビジュアル伝記」シリーズのなかの一巻で、
低学年からOKです。
鮮やかなオールカラーできらっきら。
いつの時代も、女の子は女王さま、王女さまが大好きだよねー。

クレオパトラという女性、いまだ謎が多く、お墓も見つかっていません。
けれども、世界トップクラスの美女としてめっちゃメジャー。
その美貌で、カエサルとアントニスウという、
二人のローマの英雄をとりこにした、と知られています。
けれども、最近の研究では、それほど美女ではなかった?

物語を書くにあたって資料をあれこれ開いてみると、
むしろエジプト女王としての政治的手腕と、頭のよさ、
話し方や声の美しさ、ユーモアのセンスなどの人間的魅力で、
カエサルとアントニウスを味方につけたようです。

腑に落ちました! わたしは長年、容姿なんかを武器に、
英雄といわれるオトコをほいほい味方につけられるのかな?と
疑問に思っていたのよね。
(ハイ、わたし女子力弱いもんで、色仕掛けとかって想像つかないんですわ)

それなのに、なんで、色仕掛けみたいな説が、長年伝えられてきたのでしょうか?

つまりこれ、クレオパトラの政治的手腕に対しての、
ローマ側のオトコたちの嫉妬なんじゃないかな。
当時のローマというのは、政治経済、文化芸術に至るまで、
完全にオトコ社会。
かたや、クレオパトラの王宮があったアレクサンドリアは、
女性が現代欧米と遜色ないほど(現代日本と、と書けないのは寂しいねー)、
女性が活躍していた街だったそうです。
クレオパトラは、女王というより「王」として、
何千年と続いたエジプト王国を、貪欲な大国であるローマから守るために、
獅子奮迅の働きをしていたわけです。

オンナごときに卓越した政治力を見せつけられるのは、
ローマのオトコたちには我慢のならないこと、というより、
理解できないことだったのかも。犬がしゃべるような衝撃だったのかもね。
そこで、クレオパトラを絶世の美女に仕立て上げ、
「英雄、色を好む」の例えどおり、
色香に負けた、ということにしかたったのではないかな。

・・・そんなことをちらちら感じながら、楽しく書かせていただきました!

素敵な女性の画家さん、優秀な女性編集者さんの三女子による、
世界有数のイケてる女性の伝記物語です。
スポンサーサイト


<<がんばって、農家さん! | BLOG TOP | 晴れの日は、やっぱりにぎやかがいい>>

comment

読みました!

  1. 2018/04/24(火) 18:27:20 |
  2. URL |
  3. rieko
  4. [ 編集 ]
クレオパトラ、この時代の女王さまは、大変でしたね。その中、国や民、文化も守ったクレオパトラ、伝説の人が、子どもたちの中にありありと感じられたのではないでしょうか❣️
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR