金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

どーれどれどれどれみみずー♪

  1. 2014/07/27(日) 21:34:15_
  2. 新しいインクの匂い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
すとうあさえさんの新刊絵本、「まなつのみみず」(佼成出版社)です。
絵は、かつらこさん。

350_Ehon_103422.jpg


毎日せっせと仕事をするのは、地面の下のみみずたち。
そこへ、西の畑の仲間から助けを乞う知らせがあり……。

ほっかむりしたみみずたちや、ベレー帽のもぐらのじいさまが大活躍します。
かつらこさんの絵は元気いっぱいで、色合いがなんとも日本の夏っぽい!

みみずの仕事とは、いい土を作ること。
ミミズが土を食べ、フンをしてくれるおかげで、栄養分豊かな土が作られていきます。
野原の草木も畑の野菜も、みみずさまの恩恵に預かっているのですね。
土が見えにくくなっている今、この絵本を通して、
こんなありがた~いみみずのことを知ってほしいという、
すとうさんの思いが伝わります。
みみずのえらさを知るにつけて、この世界には無駄なものって、
何一つないんだな、と思わずにいられません。

こう書くと、この絵本はどちらかというと科学絵本か、
教育的な絵本かと思われるかもしれませんが、
いーえいえ。そこはあの「ざぼんじいさんのかきのき」の作者さん、
思いっきりはじけた創作童話で、とことんユーモラス。
絵本の醍醐味を感じます。

この絵本は、すとうさん作詩の「まなつのみみず」という童謡がベースになっています。
♪どーれどれどれどれみみず まなつのみみずはちょっとこまる…♪
という、手拍子で踊りたくなるような曲です。
たしかに、かんかん照りの日に地面の上に顔を出したみみずは、さぞ困ることでしょう。
この歌は、佼成出版社のHPから聴くことができます。
http://www.kosei-kodomonohon.com/information/post-19.html

すとうさんには、すでに全日本みみず連合会から
名誉会長就任のオファーが来ているそうです(嘘)。


スポンサーサイト


<<「平たい顔族」の平面表現 | BLOG TOP | 「だるまさんがころんだ」のようにゴーヤが >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR