FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

無けりゃ無いで。

  1. 2018/03/18(日) 16:50:26_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
物足りない冬のまま、春めいてきた。
いえいえ、寒さはたんと味わいましたよ。
足りていないのは冬野菜。特に白菜は、高くてなかなか買えなかった。
うちは、生協の個配や有機野菜の宅配を頼んでいて、
野菜の価格はスーパーなどよりも安定している。
けれども、注文したものの品薄で、欠品ということが、よくあった。
白菜がないので、鍋料理が減った。
漬物がないので、お茶漬けが減った。

本格的な春になる前に、しゃぶしゃぶで鍋終いすることにした。
お肉は豚ロース。牛肉のしゃぶしゃぶよりも、こっちのほうが好み。(特に値段がね)
白菜はなし。かわりに用意した野菜は、小松菜、水菜、薄切りの人参。
レタスもおいしいだろうと思ったが、基本的に季節外れの野菜は買わないことにしている。高いしー。
  
       鍋2
                        鍋

   
小松菜、おいしかった! しゃぶしゃぶなら、白菜よりも合う。
そういえば、昨年の冬に石垣島にいったとき、島野菜のしゃぶしゃぶがおいしかったな。
 
       8 1日目夕食しゃぶしゃぶの野菜
 あぐー豚と、ゴーヤや島レタス、ヘチマのしゃぶしゃぶ。

キャベツも高い。とんかつやフライの付け合わせは千キャベツと決まっているが、
この際だから、水菜のザク切りにしてみた。

          水菜


うん、これも正解だ。口中がさっぱりサワサワする。
それにねー、わたしゃ千キャベツ切るの、めっちゃヘタクソなのだ。
不器用すぎて、百キャベツにしかならない。
そんなもんより、水菜のほうがずっといい。
ただし、ソースは合わない。
やっぱ、ドレッシングかマヨネーズ、あるいは胡麻だれみたいなものだな。

寒さによる野菜の高騰のおかげで、小松菜のおいしさがわかった。
千キャベツの呪縛から解放されて、大手をふって水菜を出せる。
冬将軍、ありがとう。
.・・・でも白菜の漬物、やっぱ食べたいわー。

スポンサーサイト


<<冬の忘れ物旅行記 | BLOG TOP | 「ガリガリ」はなかったけれど・・・。>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR