FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

「つばさ賞」選考が始まりました!

  1. 2018/02/18(日) 18:23:19_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
日本児童文芸家協会の創作コンクール「つばさ賞」は、二年に一度のコンクール。
1月末に締め切り、ただいま一次選考中です。

先日、集まった応募作を仕分けし、選考委員のみなさんに送る作業をしました。
こういうことも、わたしたち児童文芸家協会の作家たちがやってるんですよ。

DSC_1956.jpg


実は、この作業をすると、とっても悲しいことが出てきます。
募集要項を満たしていない応募作が、けっこうあるということ。
この賞は、応募票を付けること、作品は二部づつ、一部門では一作のみ、縦書き、
などの規則があるのですが、一部しかなかったり、横書きだったり、
という作品が、ぽつぽつあるんです。

これらは不可、失格です。ゴメンサナイと心で手をあわせ、
ボツ箱行きになります。

募集要項は満たしていたものの、
応募票に書かれたタイトルと、原稿の冒頭に書かれたタイトルが、
なぜか違っている人がいたり、
用紙をヨコではなく、タテにしてプリントした人(でも縦書きではあるんです)が
いましたよ。失格にはしませんでしたが。

何か月もかけて完成させた愛しい作品、自分の分身のような原稿でしょう?
応募する方は、募集要項を熟読してくださいね~!
運営担当者からのお願いでした。

前回、前々回のコンクールの優秀作が、ともにPHP研究所から
出版されてます! 

『せなかのともだち』萩原弓佳 作 洞野 志保 絵
『わすれんぼっち』橋口 さゆ希 作 つじむらあゆこ 絵

無題ぴか


もちろんわたしの手柄じゃないですが、やっぱうれしいっす。
スポンサーサイト


<<生まれたての君へ | BLOG TOP | 塩は偉大なり>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR