金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

塩は偉大なり

  1. 2018/02/11(日) 17:37:15_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
このごろ使わなくなった調味料に、コンソメの素がある。
スープやシチューの味付けは、塩だけ。

冬の定番&時間がないときによく作るのが、
アイリッシュシチューだ。
井上荒野さんの小説「ベーコン」に出てきたレシピ。

515VeFHT7PL__SX333_BO1,204,203,200_

これは、名前のとおりアイルランドの家庭料理で、羊肉で作るものだが、
うちでは豚バラブロックか、肩ロースブロックで脂身の多いものを使う。
ブロックを三つくらいに切り、
たっぷりの塩と、隠し味にちょっぴりの砂糖をすりこみ、3,4日置く。
今日は忙しいぞーという日に、さっとお肉の塩を洗い流して、
大きめの一口大に切り、
鍋の中へ、どっさりの玉ねぎのざく切りと、
洗ったお米少々ともに、水から1時間以上煮る。
肉が柔らかくなり、お米がトロトロになったら、
じゃがいもと人参を投入。全部が柔らかくなったら、ハイ、もうおしまい。
味付けは、ナシ。黒胡椒をふるくらいだ。
お肉にすりこんだ塩が旨味を引き出すと同時に、スープに塩分が溶け出して、
なんともいえないコクと甘味がじんわり。
脂がとってもいい仕事をしていて、体があったまる。

シチュー


なんたって手間もいらずだ。玉葱をあめ色にしたり、
具材を炒めたりなんて、なにもしなくていい。
本来は、人参は入れず、
じゃがいも煮くずしてスープにとろみをつけるらしいけれど、
わたしはじゃがいもの形があるほうが好きなので、
我が家流にちょっとアレンジして後から鍋に入れ、
とろみはお米さんに担当してもらっている。

ロールキャベツも塩だけだ。ひき肉に多めの塩を入れて練り、
キャベツで包んで二時間煮ると、あら不思議、
やっぱりスープの味付けは不要になる。
コンソメの素を使うよりも数段奥行きのある味だ。

塩ってすごいなあ。

こちらはうちの近所の和菓子屋さんの、塩大福。

塩2

塩気のきいた大福、ではなく、いっさい砂糖を使っていない。
しょっぱいあんこ、はじめはびっくりしたけれど、
二回目で「舌をつかまれた」。
なんともいえない、小豆の滋味。
それを包むお餅部分も、厚くてモチモチ具合がすごくおいしい。

DSC_0835.jpg

庶民の口に砂糖が入るようになったのは、江戸時代の中頃だったそうだから、
もともとの大福って、こんな味だったのかもしれないね。

今日のお昼は、これ一個と残り物の肉団子入り野菜スープだった。

塩

こっちはおにぎりがおいしくなる、石垣の塩。ほんのり甘みがあり、使いすぎてもしょっぱくなりにくい。
塩の味って、こんなに豊かだなんて! 
スポンサーサイト


<<「つばさ賞」選考が始まりました! | BLOG TOP | ほろにがいスイカの思い出>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2018 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR