FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

一人でいられないのか?

  1. 2018/01/28(日) 17:53:38_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「ぼっち」という略語が生まれて、どのくらいたつのかな。
友達のいないサムいやつ、というイメージではあるが
今はちょっと風向きが変わり、
「ぼっち飯」も、若い人のあいだでマイナス印象ばかりではなくなったかもしれない。

オトナに近づいたら、ゴハンくらい一人で食べられなくちゃあね。
実際、一人で食事すると、よーく味わえる。
『孤独のグルメ』の五郎さんのように、『ワカコ酒』のワカコのように、
一人でじっくり料理やお酒と語らい、味わうのって、いいな。

『孤独のグルメ』久住昌之・原作 谷口ジロー・作画 扶桑社
(谷口ジローさん、お亡くなりになって本当に残念です・・・)

グルメ

『ワカコ酒』新久千映・作 徳間書店
ワカコ

飲めないから、お酒中心のお店はいかないけれど、
一人で食事するのは、わりと好き。
でも、となりのテーブルでグループがワイワイやっていたりすると、
ちょっとひるむことも。
そういうときに、思い出すフレーズがある。
「おまえは一人でいられないのか?」

古典名作『バンビ』のなかの一節だ。
 母親の姿が見えなくなり(繁殖期らしい)、泣き泣き探すバンビに、
立派な牡鹿が近づいてきて、こういうのだ。
「おまえは一人でいられないのか?」

『バンビ』は、小学生のころの愛読書だった。
好きすぎて、感想文が書けなかった。
何十年も昔の読書が、思わずところで役に立つなあ。

わたしがかつて読んだのは、高橋健二訳のものでしたが、

             バンビ1
2010年に上田真而子氏の新訳で出版されています。
『バンビ――森の、ある一生の物語 』ザルテン ・作 岩波少年文庫

           
バンビ2

読みやすく、みずみずしい文章で、「読む森林浴」が楽しめます。

どちらも、ディズニーアニメの「バンビ」とは、一味二味違います。


スポンサーサイト


<<ほろにがいスイカの思い出 | BLOG TOP | わたしのマトリョーシカ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR