金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

それでも冬が好き

  1. 2018/01/14(日) 18:44:35_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
寒いよー。

ただでさえ気温が低いこの冬、
我が家はさらに寒いことになってる。
秋に、集合住宅の三階から、同じ集合住宅の一階に引っ越したのだ。
いやはや、一階がこんなに寒いとは。
これまで住んでいた三階は、日当たりがよくあったかだった。
南側のリビングにいるときは、早朝の二時間くらい暖房入れれば、あとは
一日中暖房なしでいられたのだ。
今は、「えっ、朝晩暖房つけなくちゃいられないなんて!」とびっくりする始末。

困ったことに春が待ち遠しい。
いや、別に困らなくてもいいんだけどね。
わたしはずうっと、「冬好き、寒いのが好き」でこの30年過ごしてきたので、
寒いのがキライでは自分のアイデンティティとやらがぐらつく。

そう、寒いときに寒いところへ旅行するのも好きだった。
真冬に、信州やスイス、はてはアラスカに行ったりしていたのだ。
極寒の地に生きる野生動物が好き。
グリーク(ノルウエー)やシベリウス(フィンランド)などの、寒い国の作曲家の音楽も好き。
雪が降ると、子どものころからずっと、テンション上がりまくる。

それが今ではどうよ。朝、布団から出るのにも気合がいる。

それでも、朝の散歩だけは続いている(えらい? ←この程度でほめるな)。
寒いときの楽しみは、富士山と霜柱。

富士山


15分くらい歩くと、住宅街のすきまに小さな富士山が見えるスポットがあるのだ。
晴天の真冬しか見えない、レア富士山だ。
富士山を見ると、ハイになるのは日本人のDNAかなあ。
小さな畑には、シャリっとふめる霜柱もある。


     白菜

 つながれた白菜たち。つないでないと、逃げ出すのかな?

さっさかウオーキングすると、冷たい空気が、気持ちよくなってくる。
やっぱし冬っていいな。シチュー煮たりするの、好きだし。

冬が好きでいられた自分に、ほっ。
わたしは、冬が好きな自分を、けっこう気に入っていたんだな。

そう気がついた、この冬の寒さでありました。

寒くてもアロエのつぼみが大きく育ってきました。 
    アロエ



スポンサーサイト


<<わたしのマトリョーシカ | BLOG TOP | 明けましておめでとうございます。>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2018 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR