FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

言葉から解放される時間

  1. 2017/12/24(日) 17:40:13_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
サンクトペテルブルグ室内合奏団のクリスマスコンサートに行きました。

          プログラム

会場は、上野の東京文化会館。レトロな雰囲気で好き。

     上野


プログラムは、三大アヴェ・マリア(バッハ/グノー、カッチーニ、シューベルト)に、
アンコールではモーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」もあり、
ヘンデルの「オンブラ・マイフ」や
モーツアルトの「ハレルヤ」などなど、クリスマスムードがたっぷり。
室内楽は、オーケストラよりもゆったりと、しみじみと聞けていいな。
大好きな「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲には、泣けたなあ。

家のなかでは、CDをかけても、必ずなにかしている。
仕事だったり、料理だったり。
けれども、コンサートでは音だけに集中できる、というか、しなくては!
(高いオカネ払っているんだから、一音も逃すまいぞ、というさもしい根性も働く)

なにもせず、なにも考えず、感じるだけ。
ただただ、プロフェッショナルが心を込めて創りあげた音に浸る。

けれども、これってけっこう難しいのですよね。
人間は、常に言葉を使って、しゃべっているか、なにか考えているか、
胸のなかでつぶやいているもの。

ちらっと、明日書く予定の文章が頭によぎるけど、あわてて振り払う。
明日のゴミは、なにゴミだっけ? あわてて振り払う。
明日の朝ごはんのおかず、あったっけ? あわてて振り払う。
考えない、考えない。なーんにも。

この日の音楽は、ほんとうに美しく、心を揺さぶられ、
「考えない」時間を楽しめました。

日々、言葉と格闘しているので、
言葉から解放されるのは貴重です。
言葉なしには生きることはできないけれど、
言葉のいらない時間を、たまには創らなくてはね。

こちらは、会場前の広場を、リードにつながれてお散歩ちゅうのうさぎさん。
  
                  usagisann.jpg


あまりのつやつや感に、きゅんとなると同時に、言葉で「かわいい!」と紡ぎ、
さらに「ビロードのうさぎ」を思い出しました。

マージェリィ・W. ビアンコ (著)‎ 酒井 駒子 (イラスト, 翻訳) ブロンズ新社
 うさぎ

言葉なしに「きゅん」だけを持続するのって、難しいや。
スポンサーサイト


<<備えあれば憂いあり | BLOG TOP | クリスマス絵本で、極寒の国へ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR