金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

こんなに伝わるんだ~

  1. 2017/11/22(水) 18:21:56_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
二週続けて、子どもたちが主役のイベントに出席してきました。

まず、11月12日(日)
学習塾のSAPIX小学部主催の、第21回さぴあ作文コンクール表彰式

さぴあ


これは、この塾独自の読書感想文のコンクールで、
わたしの著書『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)を
低学年の課題図書として選定していただいていました。

メイ

課題図書はあと2冊、『あかりさん、どこへ行くの?』 近藤尚子さん著(フレーベル)と
『レシピにたくした料理人の夢 ――難病で火を使えない少年』 百瀬しのぶさん著(汐文社)。
応募総数は、なんと 1,440通!たいしたものです。

表彰式はすごーく整然と、キチンとしていて、子どもたちもキチンとしていて、
わたしなんかが来賓席におさまって、
小さな講演までしちゃったりしてスミマセン、という感じ。
サプライズで、一ノ瀬メイちゃんが駆けつけてくれ登場、
子どもたちも大人たちも大喜び! 彼女の魅力と活力にうっとりです。
わたしも、ひさしぶりにお目にかかれて、とってもうれしかった。

子どもさんたちの作文が素晴らしくて、
わたしが心を込めて書かせていただいたメイさんの思いを、
一年生でも、しっかりと読み取ってくれていました。ほんま、びっくりです。
読者さんに、こんなに伝わるんだなあ~。

メイさんもとっても感激してくれて、
「書いてもらってよかった」といってくださったのが、
わたしには二重三重の喜びでした。

翌週の11月19日(日)は、「おはなしエンジェル子ども創作コンクール」授賞式。
わたしは選考委員として出席させていただきました。

      くもん

毎年のことですが、子どもたちの書く童話は、ほんまにおもしろい!
幼児・低学年の子どもたちの発想には、オトナはかないません。脱帽です。
中・高学年の子どもたちの、意外性のあるストーリーやしっかりした構成。
中学生の文章に詰まった、若々しい切なさやこれからの人生への真摯な目。

読み手にこんなに伝わるんだ~。

二つのイベントに出席して、つくづく思いました。
今の子どもたちの文章力って、すごいなあ。

そして、「お行儀」もすごい! 式の間、二時間以上、お行儀よくしていられるなんて!

帰りの電車では、爆睡かな? 
子どもさんたち、おめでとう。ほんとうにお疲れさまでした。
また会えるといいね。
スポンサーサイト


<<『となりの猫又 ジュリ』出ました! | BLOG TOP | 秋だというのに。亀ったら!>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR