FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

秋だというのに。亀ったら!

  1. 2017/11/11(土) 17:28:09_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
秋が深くなって、亀たちの動きが鈍くなってきた・・・わけではない。
三匹のうち、オスのガメラが、どうも昼夜逆転しているらしい。
老化かなあ? もう25歳だもん、そろそろおじいさんかな? 
寿命は、20年から30年? 40年というデータもあるらしい。

ガメラったら、夜になると、キイキイ、ガタガタ。ガッターン、水槽のなかで暴れまくる。
(水槽は、個室です)
こんな、遮光性のあるおおいをかけてあるから、明るくて眠れないわけではないのに。
(水槽三つです。『一階』は二部屋、『二階』に一部屋)

DSC_1754.jpg


キイキイいうのは、爪でプラスチック水槽の床をひっかく音
ガタガタは、後足で立ち上がって前足でのびあがり水槽を揺らす音。
ガッターンは、その後ずり落ちて床に腹側のこうらを打ち付ける音。
これを一晩中やっていたりする。
こりゃ、たまらんです。

水槽が寝室のすぐ近くにあるので、寝ていられない。
たまりかねて、水槽の底にしく小砂利を買ってきた。
麦飯石というやつ、金魚などの底に敷く石だ。

 DSC_1753.jpg

これがクッションになり、音が鎮まるかと思ったら。
やっぱりキイキイ、ガタガタ。ガッターン。

のぞいてみると、足で小砂利をけって、片寄せてしまっていた。

      DSC_1755.jpg

後足で立ち上がって前足を壁にかけるのは、水槽から脱出したい現れだ。
その方向にあるのは、となりの水槽で、メスのキメラの寝室だ。

あ~あ、ガメラおじいちゃん。そんなにキメラが気になるの? 
まったく、オトコっていうやつは! 

キメラの水槽との間に厚紙を置き、仕切りにしてキメラの姿が見えないようにしてみた。

 DSC_1757.jpg

 しばらくガタガタしていたが、やがて静かに・・・。
やれやれ。
それにしても、9月後半からエサを食べていないのに、
なんでこんなに動けるのだろう。
亀の生命力はハンパないっす。
中国で神様扱いされるわけだ。

亀はおもしろい。ハイ、鳴かないのにやかましいんです。


スポンサーサイト


<<こんなに伝わるんだ~ | BLOG TOP | ヘンなトーキョー>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR