FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

カーテンとワンピース

  1. 2017/10/22(日) 18:18:28_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
身の回りに、華がない。
小学校3年生からこのかた、
「少年マガジン」で育ってしまったからかな。
特に、生活のなかに花がない。
生け花もアレンジフラワーも無縁だし、花柄の服やインテリアもほとんどない。
女子力の低さは十分わきまえている。

ところが! ふと気づくと家の中にでーんと大きな花柄があった。
ピンクのチューリップ。リビングのカーテンだ。
この生地を選んだのはたしかにわたしなのだが、なぜこの生地が気に入ったのか?

   DSC_1651.jpg


あらためてつくづくとカーテンをながめていたら、
記憶の底からぽわんと浮かび上がってきたものがあった。
子どものころ着ていた、母のお手製の夏のワンピースだ。
濃いピンクの大きなチューリップもようで、白い大きなラウンドカラーがついていた。
かわいいとほめられ、自分でも何度も鏡に映してみた。似合っている、と思った。
服の似合う、似合わないを初めて意識したのは、
このワンピが初めてだったような気がする。

けれども、着ることができたのは幼稚園から一年生の二夏だけだったようだ。
「ああ、もう無理だね、小さくなった」
 二年生の夏、母がそのワンピースを広げ、近所の子にあげるために
またたたむのを、しょんぼりながめていたっけ。
まだきれいなのに。かわいいのに。大好きなのに。
よそいきだったから、あんまり着ていないのに。

大きくなるのはうれしい。
でも、サヨナラしなくてはならないものがあるんだ・・・。
そんな喪失感に気がついたのも、あのときが初めてだったかもしれない。
 
モノを選ぶ。
なぜこれが好きか、理由を深く考えたりしないけれど、
思い出の底から、ひょこっと顔を出すものもある。
なつかしかったり、寂しかったりする。 
スポンサーサイト


<<ヘンなトーキョー | BLOG TOP | ありがとう、「新語」>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR