FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

心と胃袋は・・・

  1. 2017/09/25(月) 15:34:52_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 その日、わたしはへろへろだった。

 先週、北海道を二泊三日で旅した。
旅の目的は次回書くとして、今回はその帰路のこと。
最終日、先だって日本列島を縦断した台風が北海道を直撃、
JRが止まってしまった。
わたしは北海道でJRに乗ったことがない。北海道新幹線にも乗りたい。
なので飛行機ではなく、登別からJRで埼玉まで帰ることにして、
指定席を確保していたというのに。
 しかたなく、登別近くの虎杖浜というところの温泉ホテルに泊まることにした。
タクシーの運転手さんが、予約なしで、しかも女の一人客でもOKのところを探してくれたのだ。 

 ホテルの窓から見た海。大荒れでコワイ。このあたりの家、避難勧告も出てました。

DSC_1702.jpg

ホテルは夕・朝食ともにバイキング。
これがまた・・・。うら悲しい情緒がたっぷり楽しめましたわ~。ほほほ。
おいしかったのは、じゃがバターだけ。あとは察してくださいな。
でも、そういうわびしさもキライじゃないから、まあいいさ。
海なし県の埼玉人、海を見たら心はアガるし。

翌朝の海。
DSC_1708.jpg


しかし・・・この食事で宿泊費14800円は高いだろー。部屋もかなりの残念感。
と、ここで第一章のへろへろ。

 翌日、登別から特急で新函館北斗へ。指定席は取れず、
自由席は昨日移動できなかった人たちでいっぱい、朝の通勤電車並みの混み方だった。
うげー、これは、つらい。これがへろへろの第二章。
しかたなく、デッキのすみっこでおしくらまんじゅうのアンコとなる。
あれこれ体制を立て直し、スーツケースの上にちょこんと腰かけられたから、多少は楽。(チビは便利)

ああーーー! でも人込みで景色が見れない! へろへろ第三章。
あっしはすっごくこの旅程を楽しみにしていたんですぜ。
シートにゆっくり座って、車窓に広がる原野や海や小さな漁港や、大沼の景観を楽しみたかったなあ。

乗り継ぎの北海道新幹線は、かろうじて指定席が取れたから、新函館北斗までの二時間は耐えよう。
・・・と思ったら、途中で列車停止。車輪に不具合が生じたらしい。
結局45分遅れで新函館北斗に到着、予定の新幹線は無情にも行っちまっただよ。へろへろ第四章!
ここで、気持ちがポッキリ折れました。どっと疲れが出て、ふらふら。
だいたいわたしは閉所恐怖症気味で、せまい空間に詰め込まれると気分が黄土色になっていく
(黄土色、というしかない妙な気分の悪さなのだ)。

 よれよれとみどりの窓口へ向かう。
次の新幹線の席を調べてもらうと、1時間後の北海道新幹線で席があるのは盛岡まで。そ
こで下車し、三〇分後に別の便を乗りかえるなら座れるとのこと。
席があるならいいや。

 とにかく、ハラへった(気分は黄土色でも、おなかはへる)。
時刻はすでに午後1時を過ぎている、お弁当買わなくちゃ。
 目当ては、鰊弁当だ。北海道の味といったら、今では蟹や乳製品やジンギスカンだが、
かつては鰊。鰊漁のにぎわいって、すごいものだったらしい。
 これで買えなかったら、へろへろ第五章となるところだったけれど、
ちゃんとありましたよ。神はまだわたしを見放していなかった。

 鰊みがき弁当
DSC_1719.jpg


 ふたを開けると、身欠き鰊の煮付けがどーんとのっかている。
けれどもそれを凌駕するのは、黄色い固まりだ。
こ、これはまさかタクワンぶつ切りじゃないよな? 
おそるおそる口に入れると、ぷりぷりぷり。
やったじゃん、でかい数の子だ! 
鰊の卵だもん、このお弁当に入っていても不思議はないのだか、これはサプライズ。
 身欠き鰊もこっくりと味が染みて、子どものころに食べたっきりの懐かしい味だ。
この味を知っているのは、もはや中高年だけかもね。
 このお弁当は函館名物で、昭和41年からあるそうだ。よくぞ残っていてくれました。こんな地味においしいお弁当。
北海道のかつてのやん衆の心意気の名残を、経木の中に見つけたよ。
これで880円はウレシイ。
 
かみしめているうちに、折れかかった心もへれへれの背骨も、しゃんと伸びてきた。
うむ、わたしの心は胃袋とつながっている。

 急ぎの仕事も気になるので、持参したポメラをポチポチ叩く元気も、
湧いてきたのでありました。
 
スポンサーサイト


<<アイヌ文化にどっぷり浸ってきたよ | BLOG TOP | 亀の食欲についての学術的考察>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR