FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

亀の食欲についての学術的考察

  1. 2017/09/18(月) 12:02:05_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
うちの亀たち、食欲がない。秋だからねえ。

亀についてよく聞かれるのは、
「エサは何を?」と「冬眠するの?」ということだ。
エサは、常食は「亀プロス」という配合飼料で、
たまにオヤツとして乾燥糸ミミズを固めたものをやっている。

DSC_1579.jpg

亀プロスを食べるキメラ。8月下旬。

8月中旬くらいから、オスのガメラとミニラの食欲が落ち、亀プロスを食べなくなった。
しかたなく、糸ミミズをやる。
しかしそれも、9月に入るとほとんど食べてくれない。
メスのガメラは、8月いっぱいくらいまで食欲旺盛だが、
9月の声を聞くとやっぱり小食になっていき、
10月末には「いらんわー」とエサを手ではらいのけるようなしぐさをする。
三匹とも、3月中旬までエサなしの生活となる。

暖かい家のなかに水槽を置くため、冬眠はしないが、
食べずに五か月以上生きているというのは、さすが亀さん、ばつぐんのコスパ!

気温が下がれば食欲が落ちるわけだが、ちょっと腑に落ちないこともある。
盛夏とたいして変わらない気温でも、9月はろくに食べず、
まだまだ寒い4月に、バクバク食べるのだ。
もしや、日照時間が関係しているのかな。

考察してみました。
しっかり食べ始めるのは・・・春分の日くらいから?
一番多く食べるのは・・・6月から7月。つまり、夏至のころ。
食べなくなるのは・・・「男子」は秋分の日くらいから。
           「女子」はその一か月あとくらい。
この差、「女子」が食いしんぼであるためではない(実際、食いしんぼだけど)
5月後半から6月、キメラは産卵期で、
1か月間くらいエサをまったく食べなくなるため、
その分を取り戻しているのだと思う。

う~~む、やっぱり、亀の食欲は日の長さに関係しているのだな。
基本的に、「一年間のうち昼が長い時期に食べる」。
「夜が長くなると、食べない」。

おお、なんてナチュラルな亀たちだこと。見直したよ(何を?)。
よし、これを学会に発表しよう!(何の?)

DSC_0565.jpg

 ガラス戸に写った木の枝が、さらに水に写り込んで、ちょっと不思議な画像です
スポンサーサイト


<<心と胃袋は・・・ | BLOG TOP | 文字によって失うものもある>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:大塩七華

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR