金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

『わすれんぼっち』出版おめでとうございます! さて、次はだれ? 編集者さんを招いての講座のお知らせ

  1. 2017/08/20(日) 15:05:55_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
橋口さゆ希さんのデビュー作、『わすれんぼっち』が、
8月22日、PHP研究所から出版になります! 
つじむらあゆこさんの、愛らしい絵がたっぷり。
この作品は、2016年の日本児童文芸家協会主催
第17回 創作コンクールつばさ賞・童話部門にて優秀賞、
さらに文部科学大臣賞受賞作品です。
橋口さん、おめでとうございます!

      61aHp3-i9wL__SX344_BO1,204,203,200_


黄色いカサの「ぴかちゃん」は、電車の中にうっかり置いていかれ、
「わすれものセンター」行きとなってしまいます。
ぴかちゃんは、持ち主のメグちゃんが迎えにきてくれることを、ひたすら願いますが・・・。小さなカサの思いや、忘れられたものたちの悲しみと一すじの希望が、
切なく暖かく伝わってきます。

第18回つばさ賞は、ただいま受付中。といっても、締め切りは来年1月末ですから、
たっぷり練ってたっぷり推敲してから、応募してくださいね。

さて、明日のデビューをめざすみなさまにお知らせ。
児童文芸家協会主催の講座「現役編集者が語る いま、こんな原稿、まってます!」が
開催されます。

img20170805014833147496.jpg

8月21日10:00~ 申し込み開始です。
最近の出版傾向は? 編集者さんの目って、どういうもの? 
コンクールにいくつも入賞しているのに、デビューのチャンスがない。
書けば書くほど、どう書けばいいのかわからなくなっていく・・・。
こんな方々、ぜひ来てね!

スポンサーサイト


<<縁側のパソ子 | BLOG TOP | 童話作家・画家 かこまさみさんのこと>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR