金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

童話作家・画家 かこまさみさんのこと

  1. 2017/08/12(土) 12:40:36_
  2. 新しいインクの匂い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
友人のかこまさみさんが、数年の闘病のすえに亡くなってから、早や二か月。
かこさんにお目にかかったのは、実は一度だけで、
あとはFacebookや児童文芸家協会のイベントなどのお付き合いだけでした。
でも、長いことお友達でいたような気がします。
そんなふうに感じさせてくださる方だったのですね。

いつでも前向きで明るく、最後まで童話の創作と画を描くことに打ち込まれていました。

かこさんの、ご自分の葬儀のためにご家族に残したメッセージは、
①だれでも 身一つでおこしください。
②野の花のような服装でおこしください。喪服は着なくて良いです。
というものでした。
まるで一編の詩です。ね? 今も、ドライアイの目がうるみます。

そのかこさんの作品が、雑誌に掲載されました。
余命わずかという宣告をされてから、掲載が決まったものです。

「家の光」8月号 「はたけのすもう」 作・かこまさみ 絵・星野イクミ
「ちゃぐりん」9月号 「ゴーゴーミバコ」 かこまさみ 作・絵

 DSC_1533 (004)


そう、かこさんは、念願の童話作家・画家として亡くなったのです。
残念ながら、雑誌の発刊には間に合いませんでしたが、ゲラは見ることができたそうです。
よかった・・・。

どちらの作品も明るくて元気がよくて楽しくて、
苦しい息の下で推敲し、筆を握られた作品とは思えません。

作家仲間みんなで応援していた「童話作家・画家 かこまさみ」、
あなたのことは、いつまでも忘れないでしょう。
怠け者のわたしを遠くから叱ってくれる人が、また一人増えてしまったのですから・・・。

スポンサーサイト


| BLOG TOP | あま~い児童書大国 イギリス旅行記③ >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR