金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

おいおい、眼の老い

  1. 2017/07/09(日) 20:29:06_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
自分が映っている映像を見る機会があった。
それは最高におめでたい宴で、笑顔なのだが――
目が、目が、ちゃんと開いていない?! 
セルフイメージよりも、格段に目が細い。まぶたがどよんと重たい。
ああ、なんという邪悪な目つき!
 
実は「眼瞼下垂」が始まっているのだ。
もともと、まぶたの皮が余っている?のか、
10代のころから、まぶたがぐちゃぐちゃにたたまれている状態で、
二重まぶたどころか、四重とか五重になっていた。
それが、年とともに、全体に重たげに下がってきたらしい。
加えて、ここ一年くらい、ドライアイがひどい。
半年くらい前から眼科で処方してもらった薬をつけているのだが、
どうもあまり変化がない。目玉は常にカラッカラ、
貧血気味でもあるので、名実ともに血も涙もないオンナだ。
眼瞼下垂にドライアイでは、
ぱっちり目を開けた状態をキープするのが、えらく辛い。
目つきはまさに極悪非道。

若いころ、世の中や人生を恨んでいる年配の人って、
多いんだな、と思っていた。
すれ違うおじいさんやおばあさんのなかに、
不愉快そうに顔をしかめ、あたりをにらみつけている人が何人もいた。
わたしの母もそうだった。
不機嫌さをあらわにした目つきで、よくだるそうにソファにもたれていたっけ。

不機嫌でも恨んでいるのでもなかったのだ。
だれにでもやってくる眼の老いだった。

若いころにはわからなかったことが、わかってくる。
年を重ねるのも、いいことがる。そう強がっておこう。
 
6月終わりころに八日間のイギリス旅行に行ってきた。
帰ってきたら、なんだか世界が変わっていた。
ぐんにゃり溶けている。梅雨のせいか?
じゃなくて、視界がぼやけているのだ。
片目ずつ開けてみる。あれあれ、右目がかすんでいる。
もともと左右とも軽い近視なのだが、右目だけ度が急激に進んだのか? 
それとも、脳の病気の前兆?
眼科に飛んでいき、あれこれ検査してもらったが、目立つ所見はないという。
しばらく様子見ということで、帰ってきた。
旅行疲れが癒えたら、戻るだろうか。
一縷の望みを抱いてすごす。
あー、目が疲れる。遠くも近くも見えにくい。
遠近両用もシニアグラスも、眼鏡が全部合わないので、
PCもスマホも、テレビも本も新聞もダメだ。
必要最低限のPC作業を、休み休みやるのがやっと。
頭痛はするし、肩は凝る。

数日後、眼科を再診した。やっぱり目立つ所見はないという。
視力が戻ることはないでしょう、といわれた。
あきらめて、その足で新しい眼鏡を作りにいった。
矯正できるんだもの、幸運と思わなくてはね。
眼鏡ができたら、写真を整理してイギリス旅日記を書こう。

友人が、眼にいいというブルーベリーブレンドのハーブティを
送ってくれました。

DSC_1491.jpg

さわやかな甘さです。ハーブティ、大好き。

中国には、眼病を治してくれる眼の女神さまがおわします。
「眼光娘娘」(がんこうにゃんにゃん)さま。
鬼才・諸星大二郎のコミック『諸怪志異』に、
強く優しくイケてる御姿で登場します。

51QGZTN9S2L__SY291_BO1,204,203,200_QL40_

残念ながら表紙には描かれていないので、画像をUPできませんが・・・。
コミック中の画像を拝んでおこうかな。
スポンサーサイト


<<街に漂う魔法、エディンバラ イギリス旅行記➀ | BLOG TOP | つばさ賞とそよ風コンクール、どっちを狙います?>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR