金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

亀の食欲が気がかりという平和について

  1. 2017/06/04(日) 21:10:55_
  2. リアル亀
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
うちの娘のキメラの食欲がない。
我が家の三亀のうちの一匹だ。

例年、五月下旬から半月くらいは産卵期のため(ただし、無精卵)
ほぼ絶食状態となる。
でも、今年はちょっとは食べていて、おなかに卵がいるのやらいないのやら。

トシからいったら、そろそろ卵は打ち止めとなるのかもしれない。
なんせ、御年25歳のおばさん亀だ。
しかし、一昨年、13個もの卵がおなかに詰まってしまい、
都内の医者に駆け込んだことがあるので、
慎重に様子を見なければならない。

試しにピンセットでエサを口に持っていくと、
あーんと口を開けた(この甘ったれめ!)。
よしよし、食べたか。
ところが、「ペッ」。
はきだしたな~!(怒)
何度やっても、「あーん」「ペッ」。
やっぱり食欲ないのかな? それとも喉が痛いとか?
試しに、オヤツ用の糸ミミズをやってみると・・・ばくばく食べてやんの。
単に、いつもの配合飼料に飽きたということか。
爬虫類でも食べ飽きるんだなあ。

キメラ
アタシのハナシ~?

このあいだ、エサそっくりのフンが水に浮いていた。
キメラったら、それをパクリと口に入れてしまったのだ(汚い話でスミマセン)。
そしたら、大あわてで、ペッペッ。はきだして、前足で口をぬぐっていたっけ。
うん、味覚は正常。でも、視力が弱いのかもしれないね。
そういえばキメラは、水中に浮くエサに食いつくのがヘタだ。
首をひょいと伸ばした先が、エサから1センチほどずれ、
食いそこねることが多い。

亀にも、もちろん個性があり能力差がある。
確実にいえることは、
この子は自然界ではエサが取れずに死んでいくだろう、ということ。
だからといって、人間の保護下でよかったね、とはいえない。
飼い亀が野生より幸せと思うのは、人間の傲りってものでしょう。
せめて、居心地よくしてあげるのが、人間の務めやね。

おなかを見せてひなたぼっこ。

       DSC_1131 onaka


ウソウソ!
亀は絶対に自らひっくり返ったりしません。
なんかのはずみで、うっかりひっくり返ることがあるだけです。
大きな陸亀だと、甲羅の厚みで元に戻れずに、飢え死にしちゃうこともあるそう。

これは、おなかの甲羅を撮るために、わたしがひっくり返しました。
だって、おなか側ってオシャレなんだもーん。
ごめんね、キメラ。協力ありがとう。

ま、平和な我が家です。
スポンサーサイト


<<小さな粒でも力持ち | BLOG TOP | そのたびにうっとり。>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR