金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

そのたびにうっとり。

  1. 2017/05/28(日) 15:14:39_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ふ、譜読みが終わったあ・・・。

これまでもこのブログに書いているのですが、
ドヘタなのに、ドビュッシーのピアノ曲「月の光」に挑戦しています。
先日ようやく、その譜読みが終わりました。
始めたのは、なんと2014年の秋!
その間、体調くずしたり足を怪我したりで休んでいた時期もあるので、
たぶん正味2年くらいでしょうか。

優しくカンチガイしないでいただきたいのですが、
楽譜を最後までさらい終わったというだけで、
きちんと弾けるようになったわけではありませんよ~。
もう、ひどいもんです。つかえつかえです。
後ろのほうを集中的に練習すると、
前のほうがわかんなくなったりします(ここ、笑うトコやで)。
でも、最後まで行きつけたという満足感は、なかなかのもの。

美しくファンタジックで奥深い和音の連なり。
聞いても聞いても、弾いても弾いても、飽きるということがありません。
聞くたびに、弾くたびに、うっとり。
ドビュッシーさま、ありがとう! 世紀と国を越えた出会いに感謝です。

弾くたびにうっとり、って考えてみたらすごいこと。
わたしがあんまりヘタで「飽きる余裕がない」のは確かですが、
やはり曲の力でしょう。

見るたびにうっとり、というのもあります。
女子力僅少、のカナジにとって、数少ない「女子」趣味、
バレエコミックです。山岸涼子の画力は最高。

DSC_1120.jpg


食べるたびにうっとり! というのが、これ。
ぬか漬け。(自分で作っていて、うっとり? 笑うトコやで)

DSC_1116 (3)

塩加減と乳酸発酵の微妙な酸味、野菜の甘み、豊かなビタミン、ミネラル。
精米時のカスであるぬかを使うとは、なんという知恵とエコでしょうね。
小さいころから大好きで、「ぬかみそ臭い」の意味、わかんなかった。
だって、すごくいい匂いと思っていたもの。

死ぬ前に何を食べたいか、と問われれば、迷いなく
胡瓜のぬか漬けと白いごはん、と答えるでしょう。
そのときバレエマンガが手元にあって、
さらに「月の光」が流れていたら、いうことありません。
スポンサーサイト


<<亀の食欲が気がかりという平和について | BLOG TOP | 永谷園さん、ありがとう!>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR