金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

永谷園さん、ありがとう!

  1. 2017/05/21(日) 16:20:16_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
一昨日は日本児童文芸家協会の総会・懇親会の日。
 
 18618058_1331226336964128_437028515_o.png

実はこの日、カナジは朝からヘタレていました。
(ま、よくある仕事上のことです)

ヘタレたまま四つの会議と懇親会をかけまわり、
家にたどり着くと玄関でのびてしまった。
でも、慰めてくれる天使の手があったのです。
当たったあ~~~!
歌川広重の「東海道五十三次カード」、フルセット。

  DSC_1013.jpg

永谷園のお茶漬け海苔のパッケージについている応募券を集めて
送ったのです。
実は、三回目の応募。
こんなにお茶漬け海苔がたまってしもたわ。

       DSC_0949.jpg



この懸賞、わたしが子どもの頃にもやっていて、
小学生のときクラスの男子が当てて、自慢げに学校に持ってきていました。
当時、浮世絵にはたいして興味がなかったはずなのに、
めっちゃうらやましかったのをおぼえています。
ああ~。大人っていいなあ。お茶漬海苔を自由に買えるっていいなあ。

こちらは、水木しげる翁・絵の「妖怪道五十三次」。一筆箋です。

 DSC_1112.jpg

オリジナルはこっち。
          DSC_1015.jpg

広重といえば、普通は初代をさしますが、
二代目もいるんです。
二代目広重は、その絵が明治期にヨーロッパに輸出する茶箱のラベルに使用されたため、
「茶箱広重」と呼ばれました。
そんな絵師を描いたコミック、『茶箱広重』

61lRYaqZmWL__SX352_BO1,204,203,200_

天才漫画家、一ノ関圭氏の見事な作品です。
スポンサーサイト


<<そのたびにうっとり。 | BLOG TOP | 通りすがりのアニマル・セラピー>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR