金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

楽しんで、上野散歩!

  1. 2017/04/30(日) 14:26:11_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
日本最大の児童書の祭典、「上野の森 親子フェスタ」が、
5月3日~5日、上野公園で開かれます。
五万冊の児童書を読者謝恩価格で販売、講演会や対談も随時開催。
わたしの所属する日本児童文芸家協会では、
4日に15名の作家さんによるサインセールや読み語りを行います。
五月の青空の下で、子どもの本三昧の一日を、お楽しみください。

  ueno2017_name720_20170425223829672.png


さて、上野公園周辺には、注目のスポットや穴場もたーくさんあります。
わたしが好きな「上野」をちらっとご紹介。

まず、JR上野駅の地下ホーム(13番~16番線)。
上野始発・終着の在来線のホームです。
ここは、東北新幹線ができるまでは、
東北の玄関口といわれたホームです。
ちょうど、NHK朝ドラ「ひよっこ」でも出てきましたが、
東北方面の若者の集団就職列車が着くホームでした。

始発・終点ホームだから、はじっこがあります。

DSC_1026.jpg

わたし、プチ乗り鉄でして、この場所大好きなんですわ。

地下ホームの入り口付近にあるのは、石川啄木の歌碑。

DSC_1020.jpg

「ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく」
この「停車場」とは、上野駅のことです。

公園口に出てすぐ、東京文化会館があります。
クラシックの殿堂、コンサートやバレエ・オペラ公演が毎日のように開かれています。
ホール内やロビーは重厚でクラシカル。

DSC_0504.jpg

ホール内に入れなくても、ロビーやギフトショップをのぞくだけで楽しいですよ。
五線譜のついたグッズやオルゴールなど、音楽関連のグッズがあります。

公園内には十を請える美術館、博物館が
わたしが好きなのは、国立科学博物館。
常設展の、こんな動物たちをぼんやりながめているだけでも、
人間も動物の一種にすぎないんよなあと、心がひろびろ~とします。(写真、OKでした)

画像 002 (2)

ツノのある動物が好き。

            画像 012

それにしても、ツノに囲まれると癒されるって・・・?

上野散歩、どうぞ楽しんでください。

スポンサーサイト


<<神様のハグを | BLOG TOP | 春、そして皮>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR