金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

春、そして皮

  1. 2017/04/23(日) 14:26:30_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
春といえば、筍? 蛍烏賊? タラの芽や蕗の薹?
わたしはだんぜん、新じゃがです。

毎年この季節に作るのは、細切り肉じゃが。
皮つきのまま太めの千切りにした新じゃがを、熱湯でさっと湯がきザルに上げておきます。
中華鍋で豚バラ肉の細切りと生姜を炒め、
酒、みりん、醤油を入れて煮立ったところへ、先ほどの新じゃがを入れて、
ざっくざっくまぜながら味をしみこませます。
青葱(うちでは根深葱の青いところですが)の細切りを加え、
新じゃがのしゃきしゃきの歯ごたえが活きているうちに火を止めます。

DSC_0992.jpg

写真ではおいしそうに見えませんが、おいしいんです。

コンビーフと新じゃがの簡単ピラフ
皮つきのまま大き目の角切りにした新じゃがと、
コンビーフ、それに塩を適当に入れて炊飯器で炊くだけ。
新じゃがが、べちゃっとならないように、思いっきり大きく切ることと、
炊飯器の快速炊きコースで短時間に炊くのがコツ。

DSC_1011.jpg

写真ではおいしそうに見えませんが(以下同文)

どっちも皮がいい仕事をしてくれます。
ちょっと土くさい香がたまりません。新じゃがならでは。

皮といえば、鮭の皮はおいしいよね。
おひとり様女子の酒飲みコミック、『ワカコ酒』にも
鮭の皮がでてきます。隣客が焼き鮭の皮を侮るのにむすっとしたり、
鮭の皮だけの揚げ物(100円!)にほっこりしたり。

『ワカコ酒』新久千瑛・著 徳間書店

51glNjKxOQL__SX350_BO1,204,203,200_


鱈子を料理に使うとき、中身をしごきだしたあとの
ピラピラの薄皮もおいしいよね。まな板の前でそのままぺろん。
これだけは、料理する人の職権ですな(なんとささやか・・・)。

大根の皮の醤油漬けや、オレンジピールやレモンピールもおいしいよね。
知人から、庭でとれた大きなレモンをいただいたので、
レモンピールの砂糖煮を作り、チョコがけしました。

DSC_1017.jpg

写真では・・・(以下同文)

外界から身を守るためのマントだもの、
薄くてもしわんでも、皮には味や栄養がぎゅっと詰まっています。

わたしの面の皮はどうだろう。いい味出せるといいな。

スポンサーサイト


<<楽しんで、上野散歩! | BLOG TOP | 遊ぼう、学ぼう>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR