金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

世界で一番好きな画家さん

  1. 2017/03/19(日) 15:53:51_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
すみだ北斎美術館に行ってきた。
葛飾北斎さんは、わたしが世界一好きな画家さん(ただし、わしゃ美術オンチ)。

日本文化の華であり江戸の町人文化の豊かさの象徴、
世界に誇れる芸術、浮世絵。
東海道五拾三次の歌川広重にもうっとりするし、
鬼気迫る幽霊画の河鍋暁斎も好きやけど、
頂点はやはり北斎と思います。

今回観た、ため息モノの展示品のなかで、わたしが何度も戻ってはながめたのが、
『百人一首うはかゑとき』のなかの、
「奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋は悲しき」を題材に描いたもの。
一日山里で野良仕事をして、帰宅する村人たち。
指さす山のてっぺんに小さく二頭の鹿。
和歌では淋しさを強調しているが、この絵には満ち足りた安らぎを感じる。

あれだけの天才画家なれど、生涯貧乏で長屋住まい。

        DSC_0891.jpg


画室を再現したもの(写真可でした)
ほぼ一年中、こたつに半身をつっこんで、
こんなカッコで描いていたそう。筆が時々動くのでドキッ!
いっしょにいるのは、娘の絵師・お栄(葛飾応為)。

90歳で亡くなるまで生涯現役、武士が嫌いで権威も嫌い、
一筋縄ではいかないじいちゃんだったようで。
絶筆といわれる「富士越龍図」(龍が富士山から空へ向けて飛び立つ絵)を
小布施の「北斎館」で初めて見たときは、
ビビビと震えが来た。

ミュージアムショップには、たくさんの北斎の研究本や画集。
そして、児童向け伝記の決定版がありました。
『葛飾北斎 世界を驚かせた浮世絵師』芝田勝茂・文 あかね書房

        無題

北斎の生涯がばっちりわかるのはもちろんですが、
日本絵画史上の謎の絵師・東洲斎写楽と北斎の深~~~~~い関係や、
「富嶽三十六景」には武士の姿は一人も出てこない、などの
‟へえ~~~”もたっぷり。

娘のお栄も好き。
お栄を主人公にした小説『眩 くらら』朝井まかて・著 新潮社

           51ySW6mDbqL__SX333_BO1,204,203,200_

絵師に嫁ぎ、離縁してからの半生を描いています。
彼女(葛飾応為)の代表作、「吉原格子先之図」(本の表紙になっているもの)は、
光と影の効果を追求した画期的な絵。
それを描くときの思いを、本文ではこう語っています。
 
――実(じつ)が過ぎては絵が賤(いや)しくなりはすまいかと、
今のお栄はおもうのだ。そう、目の前にある景色、
その表面(おもてづら)に囚われたら絵の真情を損なってしまう。
 (中略)
西画じゃなくて、かといって昔ながらの吉原図にもしたくないんだ、あたしは。

西画はヨーロッパ絵画のこと。
遠近法と明暗を重んじて見たままを写実的に描く技法を、わかってはいるけれど、
それをそのまま受け入れたくはない、けれども従来の浮世絵の画風を踏襲したくもない。
新しい絵の境地を拓こうとする彼女の意気地と熱がぷんぷんと。
かっこいいね!

お栄を主人公にしたコミックもあります。わたしにとって、もはやバイブル。
アニメ映画にもなりました。
『百日紅』杉浦日向子・作

         51CgK9Vle3L__SX373_BO1,204,203,200_

こちらは娘時代のお栄を描いています。
杉浦さんは江戸からタイムスリップしてきたかのような、
昭和・平成の江戸人でしたなあ・・・。
もっともっと生きて描いてほしかった。
スポンサーサイト


<<かわいいぞ蒲田くん! | BLOG TOP | フィギュアの棚の前で思い知ったこと>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR