金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

「また聞き」のリアル

  1. 2014/06/26(木) 22:48:46_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 映画「グランド・ブダペスト・ホテル」を観た。
              4056_1398129641_M.jpg

映画通とはほど遠いわたしだが、友人がブログで「かっこいい映画!」と激賞していたのに心ひかれたのだ。
グランド・ブダペスト・ホテルの名物コンシェルジュが、
上客であった公爵夫人の遺産の一部を贈与されることになったことから、
殺人犯に仕立て上げられ……というストーリー。
ほら、こうやってストーリーだけ追うと、ちっともおもしろそうに感じない。でしょ? 

  けれども、映画はびっくりするくらいにおもしろかった。
 内容もさることながら、おもしろさの伝わり方が、おもしろいのだ。
 こんなふうに表現できるのか!という驚き。
 なにしろ、ベタな遺産相続がらみの殺人事件を扱っていても、
 ミステリーではなくて、ドラマチックなコメディとなっている(ドラメディというらしい)。
 その笑わせ方はきわめて生真面目、クソ真面目だ。そこがまずおもしろい。
 
 しかも、フィクションだから作り物なのは当たり前だが、随所でこれは作り物だよ、作り物だよ、と
 さりげなく強調している感がある。
 それは、冒頭で描かれる、物語の構造からして感じとれる。
 学生らしき若い女性が開く小説。その中で語られるのは、
 その作家がいかにして小説を書いてきたかということ。
 例として語られるのが、ホテル・グランド・ブダペストに滞在したときに出会ったという、
 ホテルのオーナーの話。そのオーナーから聞いたのが、彼が少年のころに出会った名物コンシェルジュ……
 という、三重構造になっているのだ。
 
 これはほんとうにあった話です、といわれるとかえってウソ臭くなる。
 それと真逆で、「また聞き」っぽく造りこんでいく過程を見せて、
 あえて作り物のなかにリアルさを感じさせるような仕掛けなのも? 
「昔々あるところに」と語られる物語が、真実を感じさせるのと同じように。

 さて、作り物だよと喧伝しながら真実を語る物語といえば、ファンタジーだ。
 どうりで、この映画には、上質のファンタジーの匂いがあった。
スポンサーサイト


<<ちょいと江戸まで遠足に | BLOG TOP | 熱いよ! 第四回「童話塾in関西」>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR