金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

小指の思い出

  1. 2017/01/15(日) 16:03:05_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
小指が痛い。じんじんする。
右手の小指の先だ。
見ると、爪の内側の右はじ、皮膚との境目に、わずかに一すじ、血の色。
どこかで、尖ったものを刺したらしい。
しかし、いつどこでやったものか、さっぱりわからん。
今これだけ痛むってことは、
「ぎゃっ」というくらいの衝撃はあったはずなのに。
傷バンを貼って様子を見たけれど、その晩はかなり痛んだ。

こういうことっていっぱいある。
知らないうちに足に青あざができていたり、
指に包丁あととおぼしき小さな切り傷があったり。
あまりに生傷が多いので、いちいち覚えてられないのだ。
つまり、不器用でトロくさて鈍い。

指の痛みは、4日たってもおさまらなかった。
もう一度よーく見ると、血のあとではないようだ。
赤茶色の細いトゲ?
トゲ抜きでは爪の中に届かず、縫い針でひっかけてみた。
出ました~! 4ミリもある立派なトゲだった。
ほんとうに、トゲを刺したときになぜ気がつかない?
鈍いにもほどがある。殺されても気がつかないんじゃないだろか。

いや、気がついていたと思う。
「あいたっ!」とかいって、手をぶんぶん振ったような気もする。
おそらく、お正月の生花を活け直すときに、
松の枝に指をひっかけたのだ。
爪と皮膚との境目にうまく入り込んだようで、激痛というほどではなかったこともあり、
トゲが入ったとは思わずにスルーしちゃったんだ。
たいしたことではない、と。

正常性バイアスとでもいうのかな。
だいじょうぶだろうと決めつける心理だ。
幸い今回のトゲ痕は、化膿することなくすぐにおさまったが、
年を重ね、こういうことが増えてきた気がする。
子どものころみたいに、痛い痛いと泣きわめくことができない。

昨年の正月そうそうに母を亡くした。
病院で、浅い呼吸の母の枕元に詰めていたとき、
トイレに立つたびに、スマホでメールの確認をしたり、
Facebookを開いてみたりしていた。
そんなことをしている場合じゃないことは、わかっていた。
急ぎの用事があるわけでもない。
なんたる親不孝。
でも、Facebookでいつもの友人たちの
明るい日常のヒトコマを眺めて、ほっとしたのは確かだ。
「だいじょうぶ、日常は続いている」と。
非日常の緊迫した時間のなかにあり、
日常に片足を置いていたかったのだろう。

大人って、姑息だなあ。でも、それも生きる知恵だなあ。
小指の先のトゲから、ふとそんなことを思い出した。
あ、怪我や病気は大げさなくらいに対処したほうが、治りは速いですが。

画像は、文とは関係ないけれど、
わたしのコレクションから。火鉢とお餅。焼き網のサイズ、2センチ角

DSC_0739.jpg   

焼き網の下では、ちゃんと炭が燃えています。

DSC_0744.jpg
スポンサーサイト


<<おーりとーり(いらっしゃい)八重山 | BLOG TOP | クラーナハの妖しい眼力>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR