金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

クリスマス&年末に読み返したくなって

  1. 2016/12/24(土) 17:29:07_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
クリスマスで心ウキウキというタイプではありません(ハイ、ひねくれもんです)
でも,どことなく厳かな気分となり、
フォーレのレクイエムやグレゴリオ聖歌を聞きながら、
いい物語に浸りたくなります。

今年読んだ本のなかから、この時期にしっくりくるものを
選んでみました。内容はリスマスとは関係ないですがね。 

『4年2組がやってきた』2016年
 野村一秋・作 ささきみお・絵 くもん出版

512Xclm1TwL__SX344_BO1,204,203,200__convert_20161224172350
       
五年生のマーくんは、脳性まひ。
しゃべれず、歩けず、手もうまく動かせません。
学校では、ただ一人の「にじ組」です。
その「にじ組」に、4年2組が「交流」しにくることになり・・・。

物語は、マーくんの一人称の語りで進みます。
読むうちに、マーくんが見聞きし感じている世界が、
すごく広く深いことに驚かされます。
しゃべれないから、動けないから、なにもできず
なにも考えていない? いえいえ、とんでもない!
そう、彼の頭のなかはいつもいろいろな思いでいっぱい。
それを表現できないだけ。

だいぶ前のこと。知り合いの視覚障がい者の方が、
道ばたで立ち止まって、なにか困っているようすでした。
聞けば、本屋さんに行く途中なのですが、場所がわからなくなったとのこと。
「あ、通り過ぎています。引き返しましょう」
すぐ近くの本屋さんに案内して、わたしは大失態。
レジの人に「こちらの方をご案内しましたので、よろしくお願いします」と
声をかけてしまったのです。
そんな余計なこと、いわなくてよかったのです。
必要なことは、ご本人がちゃんとお店の方に伝えるでしょうから。
なんだか、「保護者」のような気になっていたのでしょうね。
その自分の浅はかさを、この本を読んで、ちくりと思い出しました。

『ナゲキバト』2006年
ラリー・バークダル・作 片岡しのぶ・訳 あすなろ書房

       無題

この本は、すでに古典かもしれません。
9歳のとき両親を亡くし、祖父にひきとられたハニバル。
ある日、ナゲキバトを遊び心で撃ってしまい・・・。
祖父との生活により、ハニバルは静かに深く、
生きる意味を感じとっていきます。

背景と思っていた逸話が、
実は物語の背骨であったという構造に驚かされます。
善とは? 悪とは? 悪に染まってしまった人生を、
昇華させるには?
それらが、やさしくしみじみとした文章に、
美しい紋様のように織り込まれています。

『ひまなこなべ』2016年 萱野茂・文 どいかや・絵 あすなろ書房

       無題1

アイヌの昔話です。
アイヌには神さまが主人公の物語がたくさんありますが、
伝え方が難しいように思います。
神さまの一人称で語られているので、
初めてふれる人は、ちょっと入りづらいのです。
でもこの本ならだいじょうぶ! 
クマの神さまに導かれ、
万物に神が宿るというアイヌの世界に
無理なく入ることができます。
この不思議なタイトルも、最後に意味がわかるしくみです。
躍動感ある、愛らしくもりりしい絵が魅力的。何度見てもうっとりです。

今年も残すところあと一週間。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト


<<変わったものとお馴染みのもの | BLOG TOP | 濁りのない寄せ鍋>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR