金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

編集者さんと書き手のビミョーな関係に捧げる映画と本

  1. 2016/11/13(日) 10:58:47_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
時に師であり、時に生殺与奪の権を持ち、
けれどもかけがえのない同伴者である編集者さん。
どれだけ書き手がふりまわしても親身に支えてくださる、
ありがた~いお人、編集者さん。

作品について、ここをああして、こっちをこうして、
ここを刈り込んで、そこをふくらまして、と指示をいただき、
ひいひい泣きながら書き直しているときは、
「編集者さんてなんていい仕事!」とうらめしくなり、
でもこちらの作業が終わって作品をゆだねたあと、
編集者さんが画家さんやカメラマンさんや取材対象者さんや
印刷会社さんや営業部門さんと打ち合わせし折衝し、
本の体裁を整え発売にこぎつけてくださるわけで、
わたしは絶対こんな仕事はできんわーと拝んでしまいます。

いつも黒子、裏方に徹してくださる編集者さんですが、
主役を張っている映画があります。大都市ではまだ上映しているかな?

「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」
1920年代に実在した編集者パーキンズと、
37歳で早逝した小説家トマス・ウルフとの曲折のある友情と人生を、
淡々と描いています。
パーキンズは、「老人と海」のヘミングウェイや
「グレートギャツビー」のフィッツジェラルドを見出して
世界的な作家に育てあげた名編集者。
ある日彼のもとに、無名の書き手、トマス・ウルフの
げっそりするほど長大な原稿が持ち込まれ・・・。
天才作家の苦しみと喜び、名編集者の迷いと悩み、
作品に対する二人の熱い思い。いろいろと感じることの多い映画でした。

さて、いっぷう変わった本をご紹介。
「まことに残念ですが・・・」アンドレ・バーナード編集、徳間書店

          41Y1TDEHJJL__SX353_BO1,204,203,200__convert_20161113105642


編集者さんに教えてもらった本です。
持ち込み原稿へのお断り状を、160も集めたもの。
断られた作家さんと、蹴られた作品名が、すごい!
パール・バック(『大地』)やギュンダー・グラス(『ブリキの太鼓』)、
メルヴィル(『白鯨』)などなど。『アンネの日記』も、実は断られていたのだよ!
帯にあるとおり、「み~んな断られて大きくなった!」
H・G・ウエルズの『タイム・マシン』なんて、将来性がない、などと言われているぞ!

こんな世界的作家でもボツになったことがあるんだから・・・。
以下省略。

さて、編集者といえば、「バクマン。」(原作・大場つぐみ、作画・小畑健、集英社)や、
TVドラマで作家仲間の紅涙を誘った
「重版出来!」(作・松田 奈緒子 小学館)も面白かったですね~。

510mjmUJzLL__SY346_.jpg

無題
スポンサーサイト


<<「小母さま」という称号 | BLOG TOP | 東北復興応援旅行② 海の恵みにありがとう>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR