金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

5年半後の被災地を

  1. 2016/10/30(日) 18:29:04_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
東北復興応援旅行と銘打って、友人三人と南三陸から気仙沼に旅しました。
震災後に東北を訪れるのは5回目です。

南三陸町のホテルに宿泊、翌朝震災語り部バスに乗り込み、
被災地を回りました。
ほんの1時間のほどでしたが、目と耳と足で得た光景は
テレビや写真とは違う、ずっしりと心に重たくのしかかってくるものでした。
海岸線じゅう、カサ上げのための土が運び込まれ、トラックが出入りしていました。

               DSCF7488.jpg


セイタカアワダチソウの黄色い花が異様に繁殖している海ぞいの空き地。
そこは、「あの日」まで家々が立ち並び、人々の暮らしがあった場所です。
震災のことが風化されてしまったら、
最初から人の住んだことのない海辺と思うでしょう。
「それが何より恐ろしい」と語り部バスのガイドを務めるホテルマンさん。

南三陸町立戸倉小学校跡地。
     DSCF7484.jpg


ここは、校舎と完成したばかりの新体育館ともに全壊したそうです。
しかし、学校にいた児童91名と教職員は、全員無事でした。
この学校では、偶然にも数日前に津波の避難訓練が行ったばかりでした。
避難場所は校舎の屋上となっていましたが、
もし大きな津波が来たら屋上に取り残されるかもしれないと
校長先生が危惧し、高台に避難場所を変更していたそうです。

あの日、その訓練どおり高台に避難しました。
しかし、やってきた津波を目にして、その大きさに驚き、
さらにその上の神社の境内に逃れました。
津波は、神社の赤い鳥居の下で止まったそうです。
その晩は、神社の小さな社屋に四年生までの子どもたちと高齢者が泊まり、
5,6年生と大人たちは屋外で、体を寄せ合って寒さに耐えました。
数日後の卒業式で歌うはずだった「旅立ちの日に」を歌って
はげましあいながら。

比べてはいけないのでしょうけれど、
84人が犠牲となり裁判が行われたばかりの石巻市立大川小学校のことを
つい思い出してしまいました。

南三陸町の献花台から、被災した防災庁舎跡をのぞむ  

             DSC00118③④
 (画像は、いっしょに旅したはなさん撮影)

二日目は、気仙沼に移動、フェリーで気仙沼大島に渡りました。
ここには「みちびき地蔵」というお地蔵さまが祀られています。
震災後、ネットなどで話題になったそうなので、
知っている方もいらっしゃるかもしれません。

昔、母親と幼い子どもがこのお地蔵さまの近くを通りかかりました。
子どもから年寄りまで、大勢の人々がお参りしています。
そればかりではなく、牛や馬の姿もあります。
このお地蔵さまには、死者を極楽浄土へ導くという言い伝えがあり、
翌日亡くなる人の魂が挨拶に来るといわれています。

翌日、浜辺は何十年ぶりかの引き潮となり、その後大津波がやってきました。
この親子は高台に逃げて無事でしたが、
61人の村人と牛馬6頭が波に飲まれて亡くなったといいます。
この大津波がいつの時代のことなのか、はっきりしませんが、
惨禍は昔もこの地を襲っていたのですね。

今回の震災でも、31人が亡くなっています。
このお地蔵さまも流されてしまいましたが、
島の人々ががんばって再建しました。
波にさらわれたお地蔵さまは、その再建工事中に見つかり、
現在は新旧両方のお地蔵さまが並んでいます。
    
            DSC09665③④
(画像は、いっしょに旅したはなさん撮影)
           
3日目は、気仙沼港ぞいのホテルに宿泊。

湾ぞいを散歩すると、家の土台だけがぽっかり残されているところ、
家屋はないのに、立派な門が衛兵のようにがっしり立ちんぼしている家・・・。
家の主さんに申し訳なくて、写真を撮ることができませんでした。

 気仙沼港の夕
            DSCF7559.jpg


わたしができるのは、こうして足を運ぶことぐらいですが、
「風化」へちょっとでも抵抗したいなあ。
この大災害の時代を生きている大人の責任として。
スポンサーサイト


<<児童文学作家・矢部美智代さんの創作講座が開かれます!  | BLOG TOP | 創作コンクールつばさ賞ってすごい>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR