金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

くねくね川愛好会結成!

  1. 2016/10/02(日) 17:27:39_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
彼岸花、曼珠沙華。
死人花、捨て子花、幽霊花などとも呼ばれ、
不吉な花扱いされていましたが、
近年、埼玉の日高市の「巾着田」がこの花の名所として有名になり、
彼岸花のイメージが変わってきたのでは?

この秋、彼岸花を見に訪れたのは、
巾着田ではなく東秩父村の槻川の河原。
東秩父村農産物直売所のすぐ前です。
ここは、巾着田ほどの面積はありませんが、彼岸花の隠れた名所です。

        160927_112623.jpg

彼岸花も見事でしたが、川もなかなか風情があります。
蛇行している川って、いいよね。

     DSC_0591.jpg

まっすぐにどんどこ流れる川もいいけれど、
蛇行する川には、人をくつろがせる何かがあるのでしょう。
曲がっていていい、ゆっくり流れればいい、ときどきはちょっと溢れちゃってもいい。
そんなメッセージを、川から受けとれるような・・・。

オーストリアのオーヘンドルフ村を流れるザルツァハ川。

         オーヘンドルフから対岸はドイツ2


ここは「きよしこの夜」発祥とされる教会がある、小さな村です。
対岸はドイツです。

ノルウェー、オスロからフィヨルド観光の拠点に向かう途中のバスの車窓から。

 020.jpg


観光地でもなんでもないところです。
居眠りして目を開けるたびに、こんな絶景が。なんという贅沢。

「くねくね川愛好会」を結成しようかな。
スポンサーサイト


<<「おれがあいつで」の呪縛 | BLOG TOP | ビブリオバトルがやってきた>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR