金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

パラスイマー、一ノ瀬メイさんの本です。

  1. 2016/09/04(日) 18:29:43_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
リオ・パラリンピック開会まで、あと四日となりました。
このタイミングに合わせ、
新刊「私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー 一ノ瀬メイ」(学研プラス)が
8月末に出版になりました!

51K_t6nqWfL__SX355_BO1,204,203,200_

パラリンピック水泳の日本代表選手である一ノ瀬メイさんは、19歳の大学生。
先天性右前腕欠損で、右腕はひじから先がありません。
好奇の目、偏見の目にさらされることもありましたが、
持ち前の明るさと好奇心とチャレンジ精神で、
「メイにもできる!」と、いろいろなことに挑戦してきました。
そして、一番自分の力を発揮でき、また思いを発信できる場として競泳の道を選び、
ついにパラリンピック初出場。
そんな彼女が、「今日も泳ぐ理由」とは?

それは、筋肉ゼロ・運動能力ゼロの完全インドアおばさんのカナジが、
「アスリートの物語を書く理由」とも一致するわけなのですが・・・。

それにしても、今回のパラリンピックは、これまでになく注目度が高いですね。
パラスポーツが「福祉政策」としてだけではなく、
スポーツであり、アスリートのハイレベルな戦いであることが、実感できます。
障がい者のイメージが、大きく変わってきたかな?

それなのに、あの相模原での殺傷事件・・・あまりの明暗の差に
めまいがしそう。

ともあれ、各国のパラリンピックの選手のみなさんが、
自分自身のために、
そして国家間のメダル争いという小さいものを越え、
この世に生きる人すべての明るい未来のために、
いいプレーをしてくれますように。

がんばれ、メイさん! 

スポンサーサイト


<<「知里幸恵物語」の思い出 | BLOG TOP | スイスは今日も雨だった>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR