金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

スイスは今日も雨だった

  1. 2016/08/28(日) 15:27:31_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
6月に、友人と二人で、スイス7日間ツアーに行ってきました。
(なんで今ごろブログに? ハイ、写真整理が手つかずだったんです)
メインの観光は、ユングフラウ、モンブラン、マッターホルンの三つの名山、
そして首都ベルン、世界遺産の街ザンクトガレンなどの見学、それにハイキングも。

ところが・・・連日、雨か曇天で、山は一度も見えず。うっすらと形がわかる程度です。
 ユングフラウ 19ユングフラウ、メンヒ、アイガー、雲のなか
 
 マッターホルン 2マッターホルンも雲のなか

 でも、展望台から氷河が見えた! 好きだ~、こういう景色。
 5チョコケーキみたいな氷河

ベルンの旧市街も雨。    
     4世界遺産ベルン旧市街

  ザンクトガレン。かろうじで青空。街並みが美しい。 
                   17旧市街


マッターホルン観光の拠点のツェルマットでも曇り空。
 ツツェルマットは自動車乗り入れ禁止。かわいくて素敵な街です。
    21ツェルマットの街

お天気には恵まれませんでしたが、電車好きのカナジは、きれいな登山列車をたっぷり楽しみました。
  氷河特急の車内。パノラマカーで開放的。
           23氷河特急の車内、ガラス張りでキレイ

  よく旅番組に出てくる、ランドヴァッサー橋(高さ65m)を通過中
              34通過中


 ヴェンゲンアルプ鉄道
   17これぞ山岳鉄道

今回で、よーくわかりました。カナジは国際的雨女でした。
十年前に行ったオーロラ・ウォッチングのアラスカでも、
天気が悪くてオーロラは一回も見ずしまいだし、
数年前のオーストリアでは十何年ぶりとやらの大雪に見舞われ、
モンゴルでは、めったに雨が降らないはずなのに、どしゃぶりで宿泊していたゲルが浸水。
去年の奄美大島も連日雨で、エメラルドグリーンの海は一度も拝めず・・・。

それから、カナジは人間気圧計でした。
登山列車で訪れた展望台では、肩が重い、足が上がらない。
うわ、なんか悪い霊に憑かれたか?
いえいえ、展望台はどこも3000m以上の高さにあるので、高山病でした。
ほかの方たちはピンピンしているのに~~。
わたしはエベレストを見に行こうとか、大それたことは考えないほうがいいな。

印象に残ったのは? スイスは徹底して観光立国だということ。
美しい山を見せる、そのためだけに、
トンネルを掘り鉄道を通しロープウエイを造り、観光客を迎えています。
昔は、山に閉ざされ、ヨーロッパのド田舎扱いされ
(そのせいで戦禍にあわずに済みましたが)、
でもそれが観光資源として生きたわけですね。 
 
きつい勾配をごっとんごっとん登り、
小さな草花が咲く野原がどんどん根雪と岩山のモノトーンに変わっていく風景は、
のどかさと厳しさがいっしょに感じられて、とってもよかった。
   
それにしても登山列車は観光客のための電車ですから生活感が無い!
普通の街中の電車や路面電車にも乗りたかったな。

思い出に残る風景は?
なーんの変哲もない景色がよかったなあ。
山と野原、古い納屋、羊…そんな、現地の人から見たらありふれた風景がよかった。
 
 ハイキングでの景色    15.jpg

 顔だけ黒い羊さん、シュバルツナーゼ。かわいい~。
         14顔の黒い羊は、スイスでもツェルマット地方だけ。「シュバルツナーゼ」という羊
 
街も小さいほうが好きです。
  立ち寄ったアッペンツェル、人口約7000人という小さな村のかわいいおもちゃやさん。
 3小道の奥のおもちゃやさん、こういうふうにペイントされている家が多い。
 この村では、こんなチロリアンテープみたいなデザインがペイントされた家が多い。

そういえば、海外ではいつもそんな感想を持ちます。
次の観光地へ向かう車窓からの景色が一番心に残っていたりします。
小川や野原、はるか彼方まで続く草原、小さな村、廃墟になった教会など・・・。

  ツェルマット近くの野原で   
 19古い納屋
 

よっしゃ! なんだか自信がつきました。
旅行先の世界遺産や観光名所が期待はずれでがっかりしたとしても、
フツーの町や村や自然の景色だけで、たっぷり楽しめることができそうです。
スポンサーサイト


<<パラスイマー、一ノ瀬メイさんの本です。 | BLOG TOP | 賛美歌と「テケテケテケテケ」>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR