金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

江戸時代はやっぱりおもしろい

  1. 2014/06/17(火) 14:38:26_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
  上野の科学博物館へ、特別展「医は仁術」を見にいきました。
DSCF5725 (640x480)
 
 会期終了間際でしたが、館内はわりとすいていて、ゆっくり観ることができました。
 展示内容は、江戸時代の医学と、現代の最先端医学が主でしたが、わたしの狙い目は江戸。

 江戸時代は、当時の世界の科学の最先端を進んでいた分野もあり、医学もそうとうなものだったはず。
なんといっても、世界初の全身麻酔による外科手術を成功させた医学者、華岡青洲を生んだ国ですからね。
 鎖国下の日本にあって、西洋からの希少な資料に学び蘭方医学を開いた先駆者の情熱には、心奪われます。
 古文書のような文献がたくさんあり、ものすごく熱心に読んでらっしゃる方もいました。

 江戸時代の珍しい展示物もたくさん。写真OKだったので、こんなの撮ってきました。
 木製の骨格標本。
 DSCF5713 (480x640)

 こちらは、子宮外妊娠のモデル。精密です。
DSCF5719 (640x480)

 五臓六腑生き人形。江戸時代の人体模型ですね。
DSCF5715 (480x640)


ところがこれは医学用ではなくて、説明パネルによると、薬屋の看板や見世物に使ったといいます。
江戸の庶民が、「わーっ」「きゃーっ」「すげえ!」といいながらながめていたことでしょう。

 科学者たちの崇高な研鑽と、庶民の好奇心いっぱい、遊び心いっぱいのたくましさ。
その両方があるから、江戸時代はおもしろうございます!  

 さて、博物館見学の楽しみのひとつが、ミュージアムショップ。今回のおみやげはこれ。
 DSCF5728 (640x480)

 コップのフチ子さんの骨格標本、「コップのフチボーン」。
同じポーズのフチ子さんを所有していなくて残念!
スポンサーサイト


<<新刊出ました! 「子リスのカリンとキッコ」 | BLOG TOP | お尻のかわいそうな扱われ方>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/06/19(木) 00:45:10 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 茜紫さん、ありがとうございます

  1. 2014/06/19(木) 10:21:46 |
  2. URL |
  3. 金G亀美
  4. [ 編集 ]
茜紫さん、コメントありがとうございます。お仲間ですね!
江戸博、わたしも大好き。見るところが多すぎて、行くたびに疲労困憊で知恵熱出そうですが。
タイムマシンがあったら、江戸時代の日本橋の上から富士山をながめてみたいです。


 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR