金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

デビューおめでとうございます!

  1. 2016/07/10(日) 10:49:08_
  2. 新しいインクの匂い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
おめでとうございます! デビュー作の二冊をご紹介。

こりゃまた、ユニークな絵物語が登場したもんだ!
この世界の広がりと空気感、タダモノではないぞ。
『せなかのともだち』作・萩原弓佳 絵・洞野志保 PHP研究所

     519ramxYsgL__SX348_BO1,204,203,200_


な~んて、初めて読んだようなことを書きましたが、
実は児童文芸家協会主催の、
2014年「創作コンクールつばさ賞」童話部門の優秀賞受賞作。
同年の雑誌「児童文芸」10、11月号に発表されています。
いやー、おもろい物語が受賞したなあ、さすが「つばさ賞」。
出版化されたらいいなあと願っていたのですが、
ついに出ました! 

うっかりヒツジの背中に転落したハリネズミ、
わが身のハリとヒツジのフワフワの毛がからまって、
どうしても離れられなくなります。けれどもこの二匹、実は性格が悪くて・・・。

ね、すごい設定でしょ。
絵も日本風の愛らしさではないちょっとふしぎなリアルさ、
スロバキア在住の画家さんだそう、なるほどなるほど。
主人公二ひきの目つきといったら、なんてカワイクナイこと。
でも、物語の世界にぴったりはまっています。

『モツ焼きウォーズ ~立花屋の逆襲~』
作・ささきかつお 絵・イシヤマアズサ ポプラ社

                  6133K8gDNBL__SX351_BO1,204,203,200_


「さすがやなあ、この安定感があり、
かつテンポのいいおもしろさは!」とうなってしまいました。
作者のささきかつおさんは、編集者を経て、ライター、書評家をされている方。
しかも、「第五回ポプラズッコケ文学新人賞受賞作」ですから、
おもしろくないわけがありません。
商店街の存続をかけて、モツ焼き屋の立花屋が
再開発推進派に戦いを挑みます。
タケルはその立花屋の四代目。物語は、立花家のルーツにまで遡り・・・

商店街って、いいよね!
たとえ巨大ショッピングモールがあったとしても、
商店街のない街とは、なんと寂しいものでしょう。
おっちゃんおばちゃんの威勢のいい掛け声は、日本のお宝。
 登下校の見守り役をさりげなくこなし、街の治安にも貢献してくれます。

がんばれ、タケル! さて、商店街は、立花屋の運命は? 
この戦いに勝ち目はあるのか? 

ジャンルも作風もまるで違う二冊のデビュー作、
どっちもたっぷり堪能させていただきました。
萩原さん、ささきさん、おめでとうございます!
ちなみに、ささきさんのお連れ合いは児童書作家のささきありさん。
めおと作家の誕生です。
スポンサーサイト


<<もうすぐ夏本番 | BLOG TOP | ちょっとおしゃれな絵本のイベントです>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR