金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

三十年の香り

  1. 2016/04/23(土) 18:24:56_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
えっ、コレの匂いなの?
濃密な花の香りが、いつのまにか漂っている。
4月14日夜、「前震」の晩だ。
テレビでは地震速報。
切り替わるテレビ画面、刻々と被害が明らかになってくる。

夜が深まると、香りはますます濃くなっていく。
濃密な甘さとかすかな青くささが、狭い家に満ちる。

咲いていたのは、ドラセナマッサンギアナという観葉植物の花、
「幸福の木」という名前で知られている。

                 DSC_0298_convert_20160423180546.jpg

この鉢植えとは、もう三十年もいっしょに暮らしているのに、
花が咲いたのは始めて、というか花が咲くということすら、知らなかった!
三十年かけて咲いた花、三十年分の香りを放っているのか。

地震情報をはらはらしながら聞いているあいだじゅう、
花はだまって香りを放ってくれた。

幹はひょろひょろ。
 
               DSC_0299_convert_20160423180703.jpg


ほっぽらかしで、気がつくと、1か月水をやっていなかたりする。
肥料は、ようやくここ3年くらい、液肥を、夏場に1、2回与えるようになった。
きっと、 鉢のなかは根詰まりしているだろう。
それなのに、ああ、それなのに、よくぞ咲いてくれました。
しかも、こんな震災のときに。

夕方になると、白い小さな花が開き、

           螟彑convert_20160423181629

朝になると閉じる。

          譏シ髢点convert_20160423181708

原産地はアジアやアフリカの熱帯。
夜中に目をさますと、
気分は暗い密林のなかだ。

10日ほどたち、花は終わりに近づいた。
種が落ちている。

                 DSC_0306_convert_20160423181114.jpg

地震が収束するまで咲いていてくれよ、とは人間はまったく勝手なものだなあ。
スポンサーサイト


<<にじみ出るもの | BLOG TOP | 子どもの声は未来>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR