金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

作家さんてすごいなあ

  1. 2016/04/03(日) 15:18:22_
  2. 新しいインクの匂い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「書く」エネルギーについて、襟を正してくれた新刊書をご紹介する。

「ガラスの壁のむこうがわ」せいのあつこ著、北澤平祐絵、国土社

           9784337187597[1]
           
この本がデビュー第一作。
由香は友だちができず、休み時間には一人で本を読む。
先生や母親が発する「友だちをつくろうね」ということばが、
ガラスの豆となって、ぱしぱしとぶつかってきて、痛い。
「普通の子になりたい」と悩む由香。

この本を読んだたくさんの女の子が、
「わたしのことだ」と思ったことだろう。
「暗くて何考えているのかわからない」といわれている子だけじゃなくて、
「明るくて活発」と思われている子も。
そういう子って、そのイメージをキープするのに、
実はものすごくエネルギーを使い、疲れ果てているのかもしれないもの。

こういう物語を書くには、パワーがいるのだろうな、と思う。
やっぱり、明るくて楽しい話は、書いていても楽しい。
反対に、心の底に深く深く降りていくような物語は、
ひたひた深い湖のような静かな精神力が必要だろう。
ガラスの壁やガラスの豆、その透明で繊細な感覚を保つのに、
作者はどれだけのパワーを維持したことか。
「自分はどうよ? こんな精神力を持っているかい?」
自分につきつけてみた。

「天国にとどけ! ホームラン」
3・11を乗りこえて、バッティングセンターを作った父子の物語」
漆原智良・作 羽尻利門・絵 小学館

                09289747[1]

大ベテラン、大先輩作家の先生が描くノンフィクション。
震災で家族を失い、二人だけ残された父子の実話だ。
野球少年の息子と元高校球児の父が、悲しみと喪失感から立ち直り、
バッティングセンター設立のために動き出す。

まず、父親が体験した津波のシーンがすごい。
読むうちにこっちの足が冷たくなってしまった。
この父子の失くしたものの大きさに、愕然となる。
妻(母)、二人の娘(妹)、妻の両親(祖父母)や親戚など、
なんと一度に7人もの大切な人を失くされているのだ。
前を向いて歩き出すまでに、
どれだけの涙があったことだろう。

辛い話を取材するのは、辛い。
漆原先生は、どれほど心を痛めながら取材されたことだろう。
けれども作品は、その辛さに埋没することはない。
前面に描かれているのは、希望の光と人間の力強さだ。

新人さんと大ベテラン先生、その精神力と筆力に、
「作家さんてすごいなあ」と、
同業者のはしくれであることを忘れ、つぶやいた春。

スポンサーサイト


<<許せないもの? | BLOG TOP | 希望と願いの輝き>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR