金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

偉人伝、変人伝

  1. 2016/03/13(日) 11:52:02_
  2. 金亀からのお知らせ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
伝記の本が出版になった。
国松俊英先生の編・著による、「みんなに贈りたい伝記」PHP研究所。
本編30名、巻末コラム30名の「世界を変えた人々」が登場している。

        61BbjMJcPUL__SX408_BO1,204,203,200__convert_20160313114956


わたしが担当したのは、レオナルド・ダ・ヴィンチ、モーツァルト、
マリー・キュリー、二宮金次郎。
どの人物についても、調べていくと、へえ~~!という驚きが見つかる。

レオナルドって、古今東西から天才と認められているのに、
残した絵画はたった十五作!
モーツァルトって、天から音楽が降りてきたのを
らくらくと書き留めるようなイメージ、でも実はものすごい勉強家!
二宮金次郎って薪を背負って山道を歩きながら
本を読んでいたわけではない!
(ときどき本を取り出して目を走らせ、そらんじていた程度か?)
マリー・キュリーって地味~で研究ひとすじの人、でもスポーツ好きで車の運転もしていた!

このなかで、太鼓判の「いい人」は、二宮金次郎とマリー・キュリーだ。
どちらも驕ることのない努力家。
レオナルドはイケメンで、オタク気質ながらチャラ男の部分があったかも。
そして、モーツァルトは変人だ。
彼のセリフには、ちょこちょこ「あはは~」とかいれて、ちょいアホっぽい雰囲気を出してみた。
変人を書くのって、あはは~、楽しいな~。

りっぱな人の「偉人伝」もいいけれど、
「変人伝」っていうのも、いいんでない? 
スポンサーサイト


<<道なき道を | BLOG TOP | 亀の春、ベランダの春>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR