金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

霜柱踏むオバサン

  1. 2016/02/28(日) 11:06:25_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
春がそこまで来ていますね。
大好きな、冷たいキンキン空気を楽しめるのは、あと数日でしょうか。
寒い時期の楽しみは、朝の散歩です。
なかでも好きなのが、霜柱を踏むこと。
駅近くの我が家のまわりは地面がほとんどありませんが、
15分ほど歩けば空き地や小さな畑に行き着きます。
個人のおうちのものですから、ずかずか入っていくわけにはいきません。
目指すは、道路にはみ出すように盛られた土、その幅10センチもない「大地」。
かけよって、えいやっと霜柱に足を降ろします。

          DSC_0198_convert_20160227214831.jpg


ザックザック。

大げさでなく足の裏から脳天まで快感が突き抜けます。
ザックザック ザックザック
登校中の小学生の列に「ヘンなオバサン!」と笑われても何のその。

ザックザックという感覚、なにかに似ています。
そうだ、野菜や硬いおせんべいを噛み砕く感覚だ、と思い当たりました。
わたしは、硬い食べ物をバリバリ食べるが好き。
十年くらい前まで、冷蔵庫の氷をガリガリ噛んでいました。
・・・歯医者に叱られました。
ゴボウやレンコンの料理は、かなり固めに仕上げていました。
・・・胃が痛くなったりおなかをこわすことが出てきました。
許せない!と思っていた濡れせんべい。
・・・けっこうおいしいことに気がつきました。
つまり、老化ですなあ。
ガリガリバリバリを控えるようになった無念を晴らすために、
霜柱を踏んでいるような気がします。

三月になったら、霜柱とはお別れかな? また来冬を楽しみに。

こんな景色も好き。ていねいに整えられた畑地におりた霜。
まるでパウダーシュガーをふった巨大なチョコブラウニー。

            DSC_0199_convert_20160228110328.jpg
スポンサーサイト


<<亀の春、ベランダの春 | BLOG TOP | 母から最後に受け取ったこと>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR