金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

犬たちが育む心

  1. 2014/06/08(日) 21:02:46_
  2. 新しいインクの匂い
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「犬たちからのプレゼント ショコラがくれた“はじめの一歩"」

 51vjbt1z+DL__SL500_AA300_.jpg

 ノンフィクション物語作家として、もう何冊も出版されている高橋うららさんの新刊(集英社みらい文庫)です。
 今回は、「犬を飼う」ことにまつわる創作物語。6話の短編連作です。

 主人公たちは四年生。犬との関わりによって、勇気をもらったり、
命と愛情をはぐくむことの重さと素晴らしさを感じ取ったり、チームワークを学んだりしていきます。
 
 それぞれのお話がとても自然で、リアル。
 それもそのはず、高橋さんは犬の保護団体を扱ったノンフィクションを書かれています。
 今回も綿密な取材に裏づけされているのでしょう。

     51vDH7ttbSL__AA160_.jpg     419jfwHFU4L__AA160_.jpg

 作者の、犬たちへの暖かな目線はもちろんのこと、少女・少年たちの生の思いが胸を打ちます。
彼女たちは決して「いい子」たちばかりではありません。友達を傷つけたり、犬にひどい仕打ちをしてしまうことも。
けれども、それらを悔やんで、その傷を糧として育っていく心の軌跡のすがすがしいこと。
 犬の写真も愛らしく、抱きしめたくなるような本です。
 シリーズ化になるといいですね!
 
スポンサーサイト


<<お尻のかわいそうな扱われ方 | BLOG TOP | 渋谷の狸に負けずに、童話展を楽しみました>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR