金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

新しいこと、続けること

  1. 2016/01/10(日) 18:07:30_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
おやおや、うっかりしているうちに、2016年が10日も過ぎてしまいました。
このブログも、めでたく二回目のお正月を迎えることができました。

今年始める新しいこと。
「切り火」です。
時代劇なんかで、出かける亭主におかみさんが
門口でカチカチやる、あれです。

友人が何年もずっと、夫君と娘さんが出かけるときに
カチカチやっていると聞き、
さっそく火打石を購入しました。
まさか売っているとは思いませんでしたが、
神棚・神具店にありました。
火打鎌(そういうネーミングなんですね)と、
アメジスト、ローズクオーツ、水晶の三つの 石のセットです。

            DSC_0164_convert_20160101222634.jpg


火花は、こんな感じ。
火打ち鎌に石を軽くすべらすようにカチカチやると、
思いのほか簡単に火花がでます。

    DSC_0173_convert_20160101222201.jpg

おおお~~~~!
肉眼ではパチッと一瞬、微細な火花を捕らえるだけですが、
カメラは立派な火花を収めていました。
火事に気をつけなくてはね。

昨年から継続中のこと。
昨年1月のブログに書いたのですが、
ピアノ曲「月の光」を弾けるようになること。
な、なんと丸一年以上かかって、まだ
譜読みが終わっていない!
というのは、レッスンは月一回で、一か月に進むのは2小節から4小節という情けなさ。
亀の歩みどころじゃありません(実際、亀の足はなかなか速いのです)
去年は、「来年の元日のブログに、『下手ですが弾けるようになりました』と
報告できますように」などと書いたのですが・・・。
道はまだまだ遠いです。
引き続きがんばります。

それにしても、丸一年以上、同じ曲を練習していても飽きないの。
弾くたびに絶妙な和音にほれぼれ。
これほど好きな曲が世の中にあるということを、
ドビュッシー様に感謝するしかありません。
好きなものがあるって、幸せですね。

しかし、いくらなんでも来年の正月には、
『下手ですが弾けるようになりました』と
書きたいものよなあ。
スポンサーサイト


<<コピーライターさんのお仕事 | BLOG TOP | 素敵なクリスマス絵本>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR