金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

素敵なクリスマス絵本

  1. 2015/12/24(木) 18:15:03_
  2. 読み語りは楽しいな
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
さて、金亀が毒づく時期です。
「どうしてこう、どこもかしこもクリスマス一色なんだー!
早く正月飾りを出せー!」
 ハイ、クリスマスの飾りよりお正月のお飾りや門松が好きです。

この時期、ボランティアの絵本の読み語りに、実は悩みます。
選ぶ絵本にはできるだけ季節感を取り入れたいので、
12月はやっぱりクリスマス絵本になりますが、
読み語りに向く絵本が意外と多くはないのです。
いい絵本がない、という意味ではありませんよ。
あくまでも一期一会の大人数の読み語りにはしっくりこない、という感じ。

日本はキリスト教国ではないので、
イエスさま生誕の物語は
ちょっと空気が合わない感じがします。
それよりも、クリスマスという文化の一側面を
クローズアップさせた物語のほうが、子どもたちの胸に落ちるようです。

わたしが好きなクリスマス絵本です。

「ペチューニアのクリスマス」 ロジャー・デュポワザン作・絵
 佑学社・復刊ドットコムから復刊

       51JArdgWMDL__SX352_BO1,204,203,200__convert_20151224180758
                
 ご存知、古典名作、ガチョウのペチューニアのシリーズ。
ペチューニアが一目ぼれしたガチョウが、クリスマスにお料理される運命に! 
ペチューニアは彼の救出作戦を練りますが・・・。
 
「ハモのクリスマス」 たかお ゆうこ 作・絵 福音館
               無題

 ハムスターのハモは、家のすみで小さな女の子の人形を見つけます。
 女の子は、以前は高い木の上で、たくさんの仲間といっしょにいたといいます。
ハモはその場所を探し歩きますが、そこは・・・。絵も美しく温もりいっぱい。かわいいでしょー!

「ひゃくおくまんのサンタクロース」 
 もたいひろこ 作・マリカ・マイヤラ 絵  アノニマ・スタジオ

         51myODCttAL__SX340_BO1,204,203,200__convert_20151224180941


たった一人でがんばっていたサンタクロース。でもあまりに忙しくなったので、
神様が二つに分けて二人のサンタクロースに。やがて四人に、八人に。そして・・・
「サンタさんってほんとうにいるの?」という永遠のクエスチョンに答えてくれ、
大人も納得。サンタさん、ホントにいるんですよ!

さて、今年はあと一週間。
よいお年をお迎えください。

スポンサーサイト


<<新しいこと、続けること | BLOG TOP | ポストさんを拝む季節――つばさ賞締め切りまであと6週間!>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師
イラスト:なかむらしんいちろう

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR