FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

生まれて初めて、木になりたかった

  1. 2021/02/22(月) 14:27:39_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
緊急事態宣言下ではあるけれど、
二か月ぶりに電車に乗っちゃった。
半年も前から予約していたんだもの。
出かけた先は、東京・上野文化会館。
「日本点字図書館」主催のチャリティコンサートだ。
音楽をナマで聴くのは、一年二か月ぶりだ。

今回は小ホール。
小ぢんまりとした中に重厚感がある。

DSC_2100 - コピー

   DSC_2097 - コピー
   こちらはロビー。

やっぱり、好きだなあ、ここ。

出演は、弦楽四重奏の「クァルテット・アルモニコ」。

ああ、ヴァイオリンやチャロ、ビオラの音が、
耳から聴覚、大脳へ。
そして、体中に染み渡る~。
ナマはいいなあ。心がうれしがっている。
溶けあう生音に浸っていると、
ああ、わたしもこうやって、
ステージに立ちたかったなあ、と思う。
・・・な~んて、楽器はなにもできないんですがね。
でも、何人か、何十人か、
場合によっては100人単位で、
一つの音色を創るって、
なんとうらやましい作業であることか。

演奏が無理なら、せめて木に生まれ変わって、
ヴァイオリンやビオラ、チェロになりたいなあ。
つやつやに磨いてもらって、
大きなホールで歌いたいなあ。

と、そこまで考えて、はっとした。
クラシック音楽を、ほぼ毎日聴いているけれど、
そんなことまで思ったことはなかった。
身支度をして電車に乗り、重厚なホールに入り、
雑念を払って音楽を体に取り込み、
非日常に浸ったからこそ、
「木になりたい」なんてところまで
行っちゃったんだな。

五感をフル稼働して、
得られることって多いに違いない。
けれども、今やコロナ禍が、
世界中のリアルな体験を阻んでいる。
リモートでもまったくOKなこと、
リモートだからこそ、
できることもたっくさんあるだろうけれどね。

五感を働かすのを、怠けちゃいけない。
体を運ぶのを、惜しんではいけない。

だからね、味覚も働かさなくちゃ。
というわけでケーキの食べられる
カフェを探した冬の夕でした。

久しぶりにやってきた上野駅公園口、
めっちゃきれいに整備されてました!
人はやはり少な目。
 DSC_2102 - コピー
       DSC_2103 - コピー
          上野公園に入ってすぐの広場。

『JR上野駅公園口』(柳美里)、読んでみようかな。


スポンサーサイト




冬の味方

  1. 2021/02/14(日) 11:43:52_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 冬が好きだ。
 寒ければ寒いほど、テンション上がる。
(といっても、ここ埼玉は
最低気温が氷点下になることは
一冬で数日しかないが)
冬の楽しみは、朝のウオーキング中に
富士山を仰ぐことと、霜柱を踏むこと。
なんと安上がりな・・・。
それから、煮込み料理だ。
コトコトと、
IHヒーターで煮こまれていくシチューは、
家じゅうを温めてくれる。
冬の匂いはとろける玉葱の香りだ。

コロナごもりのこの冬、せっせと煮込み料理を作っている。
ロールキャベツ、チリビーンズ。

DSC_2005 - コピー
チリビーンズ。.
使うのは白いんげんが多いようですが、
わたしは大豆で作ります。
乾物の大豆を戻してゆでるところから。
大豆の水煮缶やドライパックの大豆より5割増しでおいしいの。
パスタと合わせたり、ごはんといっしょに食べたりします。

生のビーツが手に入ったので、赤いボルシチ。

DSC_2031 - コピー
生ビーツの扱いが悪かったのか、
真っ赤なルビー色にならず残念。
上に浮いている白いものは、サワークリーム。
これ入れるとぐっと本格的になります。

豚肉で作るアイリッシュシチュー(本来は羊肉)、、
そしてビーフシチューや芋煮も。

チリビーンズとアイリッシュシチューの
決めては「塩豚」。
たっぷりの塩と少々の砂糖をもみ込んだ
豚バラブロック(肩ロースブロックでも)を、3~4日寝かせておくと、
肉が引き締まって臭みが抜けるだけではなく、
旨味成分が増える。
これを使うと、調味料はほとんど入れずにすむ。
コンソメの素なんてまったく不要、
豚肉からしみ出す塩分だけで十分においしくなる。
煮込む時間は、たっぷり二時間。
ときどき鍋のご機嫌を伺いに行くと、
味見するたびに旨味が濃く、
しかもまろやかになっていく。
鍋と火と塩の魔法だ。

この秋から、煮込み料理の助っ人が現れた。
「手つき直火ラーメン鉢」だったか、
そんな名前の耐熱容器だ。

DSC_2051 - コピー

一人用で、ガスの直火OK、電子レンジOK、
オーブンOK。食洗機もOK。
ラーメンやうどんをこれで作って、
そのまま食卓に出せるというもの。
わたしは煮込み料理のスープ皿代わりに使うことが多い。
大鍋で煮込んだものを、これによそってガスで温め直し、
アツアツをふうふうしながら食べるのにちょうどいい。
おかずの品数が少なくても、
この黒い器を、木の鍋敷の上にドンと出すと、
なんだか格好つく。
ささやかな冬の味方だ。

DSC_2038 - コピー
アイリッシュシチューは、時分史上最高に簡単なシチュー。
ザク切りの山盛りの玉葱と塩豚を煮込み、
十分やわらかくおいしくなってから、
じゃがいもと人参を放り込むだけ。
具材を炒める手間もナシ。
味付けも不要。塩気は、
足りなかったら補う程度です。
おいしいよ~。
 



緊急事態宣言下で、とんでもないものを

  1. 2021/02/07(日) 14:43:12_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
二度目の緊急事態宣言下だ。
巣ごもり生活も、すっかり慣れた。
といっても、勤め人も学生もいない二人暮らしのこと、
もともと巣ごもりしていたようなものだ。
会議は今やすべて、リモート。
電車に乗ることもない。

一回目の緊急事態宣言のときは、
感染者の数が増えるたびに、
脳内で「ジョーズ」の音楽が鳴っていたなあ。
閉塞感に耐えられず、
日の光と風を浴びてリセットしようと、
お弁当を作って一人で近所の公園に行き、
ベンチで食べた日もあった。

そんなときに、トンデモな買い物をしてしまった。
よっぽど精神状態が怪しかったらしい。
よりによって、ショッキングピンクのワンピースを
買ってしまったのだ!
それも、だれが見ても安物とわかる
ぺらぺらのポリエステルの。
黒だったらペンギンに見まちがえられそうな、
だぼーんとしたデザインの。

こんな色です。

小 (2)

さすがに
デザイン全部を写すのは恥ずかしいので、
色だけね。

生協のカタログで買ったのだから、
返品することもできたのに、
なぜそうしなかった?
自分でもよくわからない。
たぶん、「コロナ禍が収束したら、
これを着てぱあっとお出かけしよう」なんて
考えていたのだろう。

永久に着そうにないこのワンピ、
どうしてくれよう。
せめてもの救いは、めっちゃ安かったこと。
……高かったら、もっとマシな色あい、
もっとまともなデザインだったんじゃないか?
という問いはムシ。

さて、二回目の緊急事態宣言下では、
同じ愚を二度と繰り返してはならない。
つつましく、CDを買った。
(音楽はPCではなく、CDプレイヤーで聴く派)
ジョン・ウイリアムスのベストセレクション。

小 (1)

あの「スター・ウォーズ」や「未知との遭遇」
「E・T」の音楽だ。
おっと、「ジョーズ」も入っている。
ブラスの音色にテンション上がる、
脳内で宇宙船が舞いあがる!!

あと10年もしたら、
「コロナ禍と戦った人類」をテーマに、
映画が創られるかもしれない。
この災厄を科学的・統計学的にとらえようとせずに、
「国民の協力」だけを押し付けて
無策・失策を繰り返す極東の政治家と
熱き科学者・医学者との戦い、とか?
この映画にはどんな音楽が似合うだろう。
巨匠ジョン・ウイリアムスは1932年生まれだけど、
がんばって作曲してくれたらすごいなあ。

なーんて妄想は置くとして、
ピンクのワンピの去就は……?
今しばらく、クロゼットの奥深く
逼塞してもらうしかあるまい。





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)
『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)
『ミクロ家出の夜に』(国土社)
『花粉症のない未来のために』
『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)
『知里幸恵物語』(PHP研究所)
『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』
(学研プラス)
『となりの猫又ジュリ』(国土社)
『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)
『読む喜びをすべての人に 
日本点字図書館を創った本間一夫』
(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員

« 2021 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR