FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

文章修行はマンガでも

  1. 2020/07/12(日) 15:17:09_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わたしは、ほぼ毎日、何かしらのマンガを読みます。
といっても次々に雑誌や単行本を買っているわけではありません。
何度も読んだ単行本を書棚から引っ張り出し、
絵を楽しんだり、セリフや地の文をじっくり味わったりするのです。
マンガには文学性の高いもの、また児童書に通じるものがたくさんあるのですよ。

文学性の高さでは、これが好き。
ご存知、『三月のライオン』羽海野チカ 作 白泉社

91bBSb2RuDL__AC_UL320_.jpg

例えば、15巻目の終わり。
主人公の高校生桐山零は両親と妹を事故で失くし、
しかしプロ棋士の地位を手にし、
偶然知り合った家庭の暖かさを得て、こうつぶやきます。

僕が失くしたもの
手に入れたもの
僕がこれから失くすもの
――そして
失くしたくないもの
――その全部を乗せて 
大きな河は
ただ
流れていくのだ
月を映して

これはもう、詩ですね。
羽海野さんの作品は、絵もものすごく上手で見あきません。

マンガには、コマのなかにオノマトペがたーくさん書かれています。
そのおもしろさといえば、
子猫のチーの毎日を描いた『チーズスイートホーム』こなみかなた 作 講談社

 小

そりそりそり 
(チーが自分の毛づくろいをするとき。
猫の舌はざらざらしているから、ぺろぺろ、ではないのよね)
てってってっ てこてこてこ (歩くとき)
だらららー (走るとき)
くりっ(ふりむくとき)
作者のこなみさん、きっともんのすごく子猫を観察し、考え、
オノマトペをつかみ出しているのでしょう。学ばなくては!
だって、児童書では大人の本以上にオノマトペは大切ですから。
二行も三行も使って説明するより、たった一語のオノマトペで、
状況や心情を語ることができるからね。

『ワカコ酒』新久千映 作 コアミックス

10745015.jpg


夜な夜な、酒場で一人酒を楽しむワカコ。
お酒とツマミを楽しみながらつぶやくモノローグがすごくいいんです。
シンプルな文に、出汁やお肉やお刺身や青物の芳香がにじみ出るよう。
例えば9巻目、「菜の花のお浸し」。

それは 不意に現れて
もうこんな季節かと 毎年気づかされる
菜の花のお浸し
「黄緑」でも「黄色」でもない 菜の花だけの色
まだ若い花がいっぱい集まっている
これから花咲く 自然の力強さをもらう

ね、おいしそうでしょう?

さあ、マンガ読んで、文章修行!

スポンサーサイト





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR