FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

名前の魔法

  1. 2020/05/26(火) 17:18:58_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
お風呂場の床を、ナメクジが這っていた。
窓から入ってきたらしい。
ぎゃーっというほど嫌いではなく、
カワイイというほど好きでもない。
テッシュでつまもうとしたら、きゅっと固く縮こまった。
でろれーんとしている姿の、半分以下のサイズになって、
目地の小さなくぼみにすっぽりはまりこんでしまった。
まあいいかと、放っておいた。

次の日、のろりんこと、床をはっていた。
昨日のナメ太郎かな?
今度は割りばしを持ってきて、つまんで窓から外に出した。

翌日、またナメクジが来訪した。
ナメ次郎だ。
お風呂場の出窓に置いたままの割りばしで、外にぽいっ。

その後も、ナメ三郎、ナメ四郎、とやってくる。
続けてくる日もあれば、数日来ないときもある。
一日に三匹のときもある。
だんだん楽しくなってきた。
ナメ五郎、ナメ六郎、ナメ七郎、ナメ八郎。
来ない日はなんだか物足りない。
会えた日は、「やあ!でも、ここにいてもいいことないよ。お外へお帰り」と、
わりばしでつまみ上げる。
ナメ九朗、ナメ十郎。
そして、現在はナメ十四郎。
ナメ十五郎、明日は会えるかな。
ぜんぜん好きではなかったナメクジなのに。
名前をつけるってすごい。

友人のエッセイスト、山梨在住の水月さえちゃんと、数年前に都内で会った時、
彼女が手袋を忘れたまま山梨に帰ってしまったことがある。
そのときわたしが引き取りにいき、うちに持ち帰った。
次に会う時まで、預かるつもりだった。
それはそれはかわいい、ハリネズミの姿をした手袋だ。
わたしは、左右それぞれに名前をつけた。
左手が男の子で「ハリー」、右手が女の子で「ネリー」。双子ちゃんだ。
名付けたとたんに、ハリーとネリーは、おしゃべりを始めた。
「ねえ、ここはどこ?」「どこなの?」
「わたしたちのおうちより、せまいね」「せまいよ」
「空がちょっとしか見えないよ」「うん、見えないね」
「しょうがないでしょ、ここは埼玉だもん。山梨とは違うの」
「さいたまあ? やだー。ねえ、なんでわたしたち、ここにいるの?」
「なんで?」「なんで?」
 ……と、彼らのおしゃべりは延々と続く。
彼らがあんまり山梨を恋しがるので、しばらくしてわたしは車を雇って(つまり宅配便にて)、
さえちゃんの元へ送り届けたのだった。
今も時おり元気かなと思い出す。
さえちゃんがエッセイに登場させてくれるのが楽しみだ。
成長を見守る親戚の気分。成長しないけれどね。

ナメ太郎一族、そしてハリーとネリー。
「名前」って、魔法だ。

関係ないけれど、庭の薔薇。バラという名前は、茨から来ているそう。

DSC_1393.jpg

コロナ禍の今年は、散歩途中のよそのお庭の花が、ひときわきれいに見えました。

DSC_1351.jpg

スポンサーサイト




だきしめよう、どんな時代であっても

  1. 2020/05/17(日) 21:05:29_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
けいちゃん。
この世界の空気は、おいしいかな?

君が生まれてきたのは、コロナ禍の真っ最中。
君のまわりのおとなたちは、ものすごく心配していたんだよ。
特にママは、はらはらし通しだったろう。
何度も何度も手を洗いマスクをして・・・。
無事に生まれ、病院からおうちに着いたとき、みんなどんなにほっとしたことか。

「アフター・コロナ」の世界は、どう変わっていくのだろう。
人と人が距離を取り、直接話をすることのない世界。
つながるのは、電子機器の中だけ。
学校もなく、職場もない、そんな世界になっていくのだろうか。

君のこの小さな手で、世界中のものにふれ、つかんでほしいのに。

DSC_1353 - コピー

たくさんの優しい人たちの手を借り、
そして貸してあげられる人になってほしいのに。

DSC_1371 - コピー

この小さな足で、世界中のどこにでも歩んでいってほしいのに。

たとえどんな世界になったとしても、
君をたくさんだきしめよう。
手をつなごう。
おしゃべりしよう。
世界は豊かで、温かく、美しいものなんだよと、
語り続けるよ、君に。
そして後に続く小さな人たちに。




コロナ禍の日々に キッチングッズが増えた

  1. 2020/05/10(日) 16:38:06_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
お籠りの日々、パンやケーキを焼いたり、DIYに励む方も多いそうですね。
わたしは特に変化ナシ。もともとおうち生活が基本なので。
でも、ふと気が付くと、キッチングッズが増えていました。
やっぱり、うちの中に目が向いているのでしょうね。

まな板で、半楕円形のものがあったので、思わず買ってしまいました。
そうか、まな板だからって、四角くなくてもいいんだ! 

DSC_1363.jpg

まな板って長―い間、長方形で、
そのうちに省スペースのために小さい長方形が売り出されました。
でも、小さい長方形はとてつもなく使い勝手が悪かったのを覚えています。
標準サイズと同じ縦横比で縮めたということなのでしょうが、
縦、つまり奥行きが小さいと、切ったものがバラバラ落っこちるんです。
そのあと、小さな正方形が登場。奥行きがある程度あるので、
使い勝手は悪くなかったのですが、
大量の野菜を切るときは、やっぱりちょっと狭い。

我が家のまな板。一番下が「伝統的」な長方形のまな板。一番上が、長年使っていた正方形。

DSC_1370 - コピー
 
この半楕円形、いいです! 十分な面積があるのに、ふしぎなことにじゃまにならない! 
進化してるなあ。 これも、日々ちゃんと料理する人が考えた形なのかもしれません。

そして、五徳。鍋を支える縁の下役さん。
わたしは、自分の台所を持ったときからずっと、中華鍋を愛用していますが、
今のガス台では、安定が悪いの。
先日は、揚げ物をした直後、取っ手に腕があたり熱い油をぶちまけそうになりました。
この際、安定のいい天ぷら鍋をかってしまおうかと思いましたが、
ちょっと待てよ。五徳を買えばいいじゃん? 

実は中華鍋専用の鉄製のごっつい五徳を持っていたのですが、
高さがありすぎて炎がうまく当たらない。
今の家に引っ越すときに、断捨離の犠牲?になりました。

新調した中華鍋用五徳です。
ガス台付属の五徳をはずして使うのではなく、上に乗せるタイプ。
画像は、乗せたところです。

DSC_1356 - コピー

切れ込みがガス台付属の五徳にきっちりはまって、安定します。
うまくできてる! これも、ちゃんと料理する人が考えたのかもしれません。

 DSC_1359 - コピー
   中華鍋のぐらつきがなくなって、一安心。この中華鍋、もう38年使っています。

そして、柳葉(刺身)包丁。これも長年欲しい欲しいと思っていました。
でも、お刺身をサクで買うことって、そんなに多くはないので、もったいないかな~と。
ここへきてついに買ってしまったのは、コロナ禍のせい。
というのは、天然物の真鯛(冷凍)をお取り寄せしたから。
料亭などに卸すはずの鯛が、行き場を失っていたのだそうです。
二尾分で8500円くらいのものが、65000円ほどでした。

 DSC_1367 - コピー
 
安くなっているとはいえ、我が家で買いこんだ食材としては、一番高いかも。
お刺身用にさばいてあるものと、加熱用の皮つき、両方入っています。
お刺身用ならお刺身にするっきゃない。
しかし、なまくら包丁で切ったら、「いてて、いてーよ、この包丁!」と天然真鯛に泣かれそう。
というわけで、ついに柳葉を買いました。
しかし、腕のほうはどうなのさ、我が家の板長さん?

 DSC_1366.jpg

美しい形だなあ、と刃物に見とれる夜更け。ゾクッ。

コロナ禍の日々に かなりのアホでした

  1. 2020/05/03(日) 16:50:36_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
全国の子どもたち、毎日どうしているのかな?

うちのほうでは、「三密」になるほど、スーパーも公園も人は多くはない。
街中で小・中学生を、あまり見かけない。
うちできちんと、出された課題をやったりオンライン授業を受けているのだろうか。

子どものころ、わたしはけっこう怠け者で(今もだ)。
とくに、やみくもに覚え込むということが嫌いだった。
だから苦手なのが、漢字。
漢字練習の宿題は毎日のようにあったと思うが、
マスが埋まっていればいいでしょの精神で、
だーっと指定のマス目全部に先に「偏」だけ書いて、
つぎにだーっと「つくり」を書くという、
「小学生あるある」でしのいでいた。
その結果、PC入力が当たり前の時代になってから、
漢字がさっぱり書けないオトナになっちまった。
宅配便伝票を、店の人の前で書くときなんぞ、冷や汗もの。
ええと、イバラキって、どう書くんだっけ? イバラって、竹かんむり?
グンマって、郡馬? 群馬?
ああ、漢字を嗤ったものは、漢字に泣く。

そして、最近の大ショック。なんと、掛け算の九九が出てこない!
なにかの計算で、8×5だか9×6だかが必要だったのに、
「あれ? えーと・・・」という状態。
うそだろ? 小学校2年生のときの九九のテストで、
先生の前で、ちゃんと最後まで言えたはずなのに。
ためしに、全部唱えてみる。
うわっ、6の段以降で何か所か、つまづいてしまう。勘弁してよ、このボケェ!

なんでこんなことになっているのか、記憶の糸をたぐってみる。
すると恐るべき事実が浮かび上がってきた。
怠け者のわたしは、5の段くらいはまではちゃんと覚えていたけれど、
6の段以降は、瞬時に掛ける数字を「ひっくり返し」ていたのだった。
6×3だったら、頭のなかで3×6に変換し、「18」に。
8×4だったら、4×8 に変換して「32」に。
先生の前で唱えるときも、こうやって「変換システム」を稼働さえていたのだろう。
なんて面倒くさいことをやっていたのだろうね。
そんなことをするなら、普通に覚えたほうが早いんちゃうか?
さらに恐ろしいのは、そんなアタマのまま高校の数学を三年間切り抜け、オトナになってしまったということ!

というわけで、ここ数日は、我が家のお風呂のなかから、
怪しい声が聞こえてくる。
ろくいちがろく、ろくにじゅうに、ろくさんじゅうはち・・・と。
九九がいえないまま、死にとうありません。

タイムマシンがあったら、あのころのわたしに、
世の中には、何が何でも覚えこまなくてはならないことってあるんだよ、と
教えてあげたい。
全国の子どもたちに、学校の勉強って、実は大事だよ、と
当たり前のことを伝えてあげたい。

早く学校が始まるといいね。

閉塞感みっしりの日々に、花の色が染みますなあ。

DSC_1329.jpg
DSC_1346.jpg
つつじ

 DSC_1339.jpg
大好きなこでまり

DSC_1344.jpg
空き地にポピーがいっぱい自生していました。

DSC_1348.jpg

これは何の花かな? 休園している幼稚園のフェンスから、こんにちはしていました。
早く子どもたちの声を聞きたいでしょうね。




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2020 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR