FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

ハンコツの絵本

  1. 2020/02/16(日) 15:46:03_
  2. 読み語りは楽しいな
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
月に三回ほど、絵本の読み語りをしています。
小学校の放課後児童クラブと、図書館が主な訪問先です。
何の絵本を読むか、毎回思案のしどころ。
選ぶ絵本の基準は「子どもの気持ちによりそったもの」。
できるだけ、広く愛されてきた絵本を選ぶようにはしていますが、
どの本にするかは、最後はどうしても自分の感性です。
ある日小学校一年生へ読んだ絵本の選び方に、自分で笑えた~。

『しりとりのだいすきなおうさま』
中村 翔子 文 はた こうしろう絵 すずき出版

 519GJ119T9L__AC_UL640_QL65_ML3_.jpg

王様は、しりとりが大好き。
食事の料理もしりとりの順番に出すよう、家来に命じています。
ある日家来たちは王様のその困った習慣をやめさせるために一計を案じ・・・。

『ちゃんとたべなさい』ケス・グレイ・文 ニック・シャラット 絵 小峰書店  
 
 81sSBqNBq1L__AC_UL320_ML3_.jpg

 デイジーはおまめがだいきらい。ママはいつもデイジーにいいます。
「おまめもちゃんとたべなさい」。
ママは、「アイスクリームあげるから」「遊園地につれていってあげるから」と、
交換条件をどんどん出してきますが、返事はいつも「おまめだいきらい」。

『かたあしのひよこ』 水谷 章三 文 いとう ひろし 絵 ほるぷ出版

 91EhYWnqlVL__AC_UL640_QL65_ML3_.jpg

金の足のひよこがいました。それを知った王様は、片足を取っていまいました。
取り返しに出かけたひよこは、ライオンや「川」たちを味方につけて、お城へと向かいます。

王さまに対抗する家来、そして一本足のひよこ。
ママのいうことを頑として聞かない女の子。
そうか、わたしって、こういう本が好きなんだわ。
いくつになっても素直じゃないというか、
「権力者」をやりこめる物語に共感するのでしょうね。

あ、この本は三冊とも、子どもたちに人気です、念のため。

スポンサーサイト





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR