FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

図書館にはひみつがいっぱい!

  1. 2019/12/22(日) 16:34:44_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
わたしが絵本の読み語りボランティアに行っている地元の図書館で、
楽しいイベントがありました。
「ぬいぐるみのおとまりかい」です。
子どもたちが、お友だちであるぬいぐるみを、一晩図書館に「お泊まり」させる会です。
アメリカで生まれたイベントだそうで、日本の図書館にも広まりつつあります。

子どもたちは、かわいがっているぬいぐるみを連れて図書館にやってきて、
まずいっしょにおはなし会を楽しみ、
それからぬいぐるみを図書館員さんにあずけて帰ります。
条件は、「ひとりで おとまりできる ぬいぐるみに かぎります」ですって。
子どもたちにも、図書館員さんが確認。
「明日までこの子がいなくても、さびしくない? だいじょうぶ?」

夜。
ぬいぐるみたちは、図書館員さんに絵本を読んでもらったり、
自分の好きな本を広げて読んだりするんですよ。
そのようすを、図書館員さんが撮影。
翌日、ぬいぐるみたちを引き取りにいったときに
写真をプレゼントしてくれます。

 DSC_0816.jpg

               DSC_0818.jpg

そして、自分のぬいぐるみが気に入って読んでいた本を、
「よかったら、借りていきます?」

そう、このイベントは、ぬいぐるみの力を借りて、
子どもたちが図書館と仲良しになるためのもの。
それから、「今ごろ、わたしのクマちゃん、泣いてないかな?」
「ぼくのらいおん、もう起きたかな?」
と、子どものぬいぐるみへの思いを深める日でもあります。

すばり、こんな絵本もあります。
『ぬいくるみおとまりかい』風木一人 作・岡田千晶 絵 岩崎書店

   51b9PHphy7L__SX400_BO1,204,203,200_

今日はまちの図書館の、ぬいぐるみのお泊り会。
夜、ぬいぐるみたちはもうふのなかへ。
でも、起きているぬいぐるみもいて・・・。

読み物では、こんな本も。
『だれもしらない図書館のひみつ』
石井 聖岳、 北川 チハル 汐文社

918-Y6khuFL__AC_UL640_QL65_ML3_.jpg

ここは、夜長森図書館。この図書館には、司書さんも知らない秘密があります。
数日おきに一冊ずつ、絵本がどこかへ消えていくのです。
絵本たち、だれかに連れさられているのかな?  

これらの本を好きになって、図書館が、本が、子どもたちの憩いのオアシスに、
そして知の泉になってくれるといいな。


スポンサーサイト





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR