FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

第五回児童ペン賞贈呈式に行ってきました

  1. 2019/11/30(土) 18:00:18_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨夜、「第五回児童ペン賞」の贈呈式が、東京・中野サンプラザで行われました。

DSC_0752.jpg

大  賞    『じいじが迷子になっちゃった』・城戸久枝・偕成社
童話賞    『ふでばこから空』・北川チハル・文研出版
絵本賞    『ふかふかだよ』・間部香代・すずき出版
画家賞     同絵本により ひろかわ さえこ
詩集賞    『とりになった ひ』・織江りょう・てらいんく
少年小説賞  『君だけのシネマ』・高田由紀子・PHP研究所
ノンフィクション賞  『勇気ある一歩で世界が変わる!』・光丘真理・新日本出版社
企画賞    『ぎりぎりの本屋さん』・(共著)・講談社
       まはら三桃・菅野雪虫・濱野京子・工藤純子・廣嶋玲子
児童ペン新人賞
童話部門 田村香代子「うみぼうず」
童話部門・佳作 小野みふ「春風スカーフ」
きくちさちこ「まほうのクレヨン」 
詩部門 該当作なし
詩部門・佳作 月森千花子「音のしおり」

受賞されたなかに、お友だちや先輩作家さんがたくさん! 
授賞式では、ぴっかぴかの笑顔に出会えました。

DSC_0715.jpg
北川チハルさん(後ろ姿でゴメンナサイ! ほんまにメルヘンの国の住民みたいな後ろ姿だったもんで・・・)

DSC_0739_TRIPART.jpg
 織江りょうさん

DSC_0741.jpg
 光丘真理さん。和装がすてき!

DSC_0746.jpg
間部香代さん、ひろかわさえこさん。

親しい方が受賞されると、自分の手柄じゃないのに、
自分までスゴいことをしたような気分になっちゃいます。

もう十数年前のこと。ある文学関係の集まりに顔を出したことがあります。
小説やエッセイ、短歌や俳句など、プロ、アマ問わず、
オトナの文学をたしなむ方々の集まりでした。
そこでショックなことを問われました。
「【児童文学】というジャンルがあるんですか?」
「え‘‘? (しばし沈黙)ありますもちろんありますですおおありです!」

なんということ、
文学関係者の間にさえ、「児童文学」が浸透していないとは!
そういえば、「児童書を書いています」というと、
「わー、絵本ですか、夢がありますねー」などといわれることが。
あるいは、「昔話ですか、いいですよね~」ということも。
おいおい、児童書=絵本と昔話、なのかい!

で、児童ペン賞のはなし。
現在、世界には「国際アンデルセン賞」などがあり、
国内でも「野間児童文芸賞」や「児童文芸家協会賞」はじめ、
いくつもの賞があります。
こうした賞があることで、
世間の耳目がちょっとでも集まり、子どもの読者はもちろんだけど、
手に取ってくれる大人が増え、
「へー、児童文学って、こんなにバラエティに富んでおもしろいなんて!」
と感じていただけたらなあ。
そんなことを思いながら、
クリスマスの装いの中野サンプラザを後にしました。

スポンサーサイト




「子ども創作コンクール」授賞式で願うことは一つ

  1. 2019/11/24(日) 15:28:00_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日は、「第20回おはなしエンジェル 子ども創作コンクール」の
授賞式でした。
会場は、東京・神保町の「出版クラブ」。昨年秋に新築されたビルです。
神保町は、名だたる「本の街」。出版社や大型書店が軒を連ね、
さらに子どもの本の専門店&カフェ「ブックハウスカフェ」があるところ。
こういう街があるのは、ほんとうにありがたく、そして、心浮きたちます。

出版クラブ、きれい~~~~!
書籍がディスプレイされたロビーは、ヨーロッパの古い図書館のよう。

 DSC_0705.jpg
          DSC_0707.jpg
 
この「本の街」の、日ごろ大人しか立ち入らない新しいビルのホールに、
21名の子どもたちが受賞者として招かれました。
下はなんと、幼稚園の年少さんから、上は中学三年生まで、
みんな緊張と晴れやかさにぴっかぴか!

          DSC_0704.jpg

出席の大人たちは、日本児童文学者協会と日本児童文芸家協会の作家のみなさん、
公文教育研究会とくもん出版のみなさん、そして、受賞の子どもたちのご家族。
みんなみんな、子どもたちが書き続けてくれることと、
いい本、いい物語と出会ってくれること、
そして子どもたちの幸せを、一番に願う人ばかりです。

数日前に美容院に行ったときのこと。
幼稚園前の女の子がママに連れられ、カットに来ていました。
でも、ちょっとびびったらしく、わんわん泣いちゃったんです。
美容師さんがわたしに、小声で「うるさくってすみません」。
わたし「え? ぜんぜんだいじょうぶですよ。
それに、子どもの泣き声をうるさがったら、人類滅亡しますよ!」
えへ。われながらイイことをいった?

そんなことをちらっと思い出しながら、
この「子どもたちの幸せを願う」授賞式を楽しんできました。



持ち味、空気感というもの

  1. 2019/11/17(日) 16:10:42_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
まったくちがうテイストの物語なのに、
共通の感想というか感慨を持って読み終えた本、二冊。

『よろしくパンダ広告社』間部香代・作 三木謙次・絵 学研プラス

pannd.png
 
パンダの本田パンダは、広告会社のコピーライター。
商品やイベントのキャッチコピーを、悩んで悩みぬいて考え、編み出し、
仲間たちと泣いて笑う日々。
言葉の力、そしてクリエイターたちの思いが、
パンダの本田クンを通して、びしびしと心地よく伝わってくる一冊です。

『蝶の羽ばたき、その先へ』森埜こみち 著 小峰書店

41JVdami_mL.jpg

中学二年生の結は、突発性難聴により片耳の聴力を失う。
しかしそれをなかなか受け入れられず、親友にも打ち明けられず、
とまどい、不安につぶされそうになるが――。
からみあう思いを、繊細な文章に載せ、実にリアルに描き出しています。
決して暗くはなく、肩に力が入るでもなく、読後感はすっきりとさわやか。

この二冊、ジャンルも内容もキャラも文章も、まったく違います。
対極といえるほど。
でも、共通したものを感じました。
それは、一言でいったら持ち味を強く感じたということ。
といっても、持ち味が似ているのではありません。こちらも、むしろ対極です。
 
間部香代さんの、スコーンと突き抜けたような明るさ、
スポーツにも似た、胸のすくような爽快さ。
そして、森埜こみちさんの、やわらかな陽の光りを
窓辺でひっそりと浴びているような透明感と静けさ。

これが、それぞれの作家さんの持ち味なのでしょう。
個性ともいえるでしょうが、それよりむしろ空気感という感じ。
出そうとしても、計算ずくでは出せないにちがいない、味わいというもの。
個性を醸成する粒子のようなもの。

分不相応に、いくつかの童話コンクールの選考をさせていただいていますが、
賞を勝ち取っていくには、
この持ち味、空気感のあるなしが大きいような気がします。

さて、わたしにも持ち味ってあるのかな?
優れた作品を読むたびに感動しつつ、
「では自分は?」とへちゃげる、ヘタレカナジです。


琵琶湖でオタクになってきました

  1. 2019/11/10(日) 12:41:47_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「コテコテ大阪ツアー」、三日目に大阪の喧騒を離れ、
琵琶湖畔へまったりしに行きました。
滋賀県の長浜温泉です。

DSC_0618_HORIZON.jpg
長浜城(再現)
ここは、豊臣秀吉が羽柴秀吉時代に最初に築いた城とのこと。

翌朝、遊覧船で琵琶湖の北方に浮かぶ竹生島に渡りました。

実は、行って見たかった地です。

519BfFKr1tL__SX335_BO1,204,203,200_

『偉大なる、しゅららぼん』(万城目学・著 集英社)に、
重要なパワースポットとしてとして登場するのです。

DSC_0645.jpg

物語終盤、この湖面が二つに割れ、
主人公は馬で駆けて竹生島に渡ったんだよね・・・。

島には、宝厳寺と都須夫麻神社があります。

宝厳寺
DSC_0629.jpg

奥へ進むと、重要文化財の「船廊下」があり、

DSC_0633.jpg

その先が都須夫麻神社です。
この神社で「かわらけ投げ」に挑戦。
竜神拝所から湖につきだしている鳥居に向かって、
名前と願いを書いた素焼きの小皿を投げるのです。
うまく鳥居の向こうに行けば、願いがかなうとか。
しかし、筋肉ゼロのカナジは、はるか手前でポットン。

DSC_0635.jpg

願いを叶えてもらうには、まず筋トレが必要? 

長浜駅に戻り、「黒壁スクウェア」を散策。
レトロモダンな素敵な街です。

うひひ、ここには「海洋堂フィギュアミュージアム」があるの!
さっそく入館したカナジ、ずっぱり入り浸ってしまい、
せっかくのきれいな街なのに、散策はパス。
海洋堂が手がけた極小フィギュアから入口のティラノサウルスの頭まで、
アーティスト魂と職人芸をびしびし感じるものばかり。(撮影可でした)

考古学研究室かな? 
DSC_0662.jpg

古刹の仏像たち。お札の剥がれ具合まで、凝っています。

DSC_0670.jpg

カッパ。
DSC_0672.jpg

想像上のものを、見てきたかのように再現。青臭さが匂ってきそう。
ガラスケースのなかなので、ちょっと見えにくいですが。

自分へのお土産は、もちろんガチャポン。
これは、歌川国芳が描いた猫さんの浮世絵を、立体化したもの。

DSC_0698.jpg

鼠よけの猫、猫久兵衛、踊る猫又。

2Dで描かれたものを3Dにするって、技術と芸術的センスがなくちゃできない仕事です。
さすが、世界に冠たる海洋堂!
・・・と、最後はオタク度全開になってしまった、大阪&長浜ツアーでした。



大阪・謎の陣

  1. 2019/11/06(水) 21:29:41_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
前回に引き続き、大阪ネタを。
カナジセレクション 大阪・謎の陣」です。

法善寺横丁の水掛不動さん。なんやこれー! 苔でモフモフ。 

DSC_0552.jpg

こんなになるほど、毎日水をかけてもろたということで、ありがたいことです?

道頓堀近くのホテル。外国人向けらしく、東洋人やアラブ系の人の顔がどーん。

DSC_0569.jpg

有名なホテルらしいけれど、びっくりした~。これも巨大立体看板のうち? 
大阪は、どこ行っても外国人観光客のほうが多いくらいでしたな。

道頓堀近くにぽっかりと空地があって、なぜかこんなのが。ドラキュラかな?
それにしても、だれがなんのために?

DSC_0579_TRIPART.jpg
これもサービス精神の表れやろか? 

日本橋近く。こ、このビルの壁画って、なに? 裸でオナラしているおっさんもおるし・・・。謎。

 DSC_0591_HORIZON.jpg

黒門市場では、ほんまもんの蟹や神戸牛にまじって、
「Crab stick」なるものが300円で売られていました。
DSC_0604_HORIZON.jpg

こ、これはでっかいカニカマボコ! 外国人観光客向けのようです。
うん、カニカマはおいしいもんね。世界にほこっていいフェイク食品だよね。
でも、お店の人、なんて説明してるのかな?
ほんまの蟹と信じて食べた外国人さん、いっぱいいてはるやろな。

大阪ってテンションあがるわー。



意外とあっさり! 関ケ原の向こう

  1. 2019/11/03(日) 14:33:14_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
毎年いっしょに旅行している友人三人組で、大阪で遊んできました。
名付けて「コテコテ大阪ツアー」。
食べて歩いて笑って、大阪をがっつり楽しんできました。
わたしは、関西に近い親戚がたくさんいて、大阪もかなりの回数訪れていますが、
いつも親戚回りで終わっているので、大阪市内は20数年ぶりです。

一日目、新大阪に到着して、まずランチ。
大阪といえば粉モンですが、
友人にお勧めしたのが、鰻。

 DSC_0527.jpg
    皮が関東式より硬いためか、斜めにカットしてあり、食べやすい。
 
関西式は、白焼きのあとの蒸しの行程を経ずに焼きます。
このため、皮がぱりっとして香ばしいの。
わたしは、関東式のふわっふわの鰻よりも、関西式の方が好き。
初めて食べた友人二人も、おいしい! と気に入ってくれました。
鰻にも「関ケ原」が存在するのです。

その後、大阪城へ。あいにくの雨。

 DSC_0528_HORIZON.jpg

天守閣内部は復元された秀吉の「黄金の茶室」はじめ、
関ケ原や大阪夏・冬の陣のことなどが詳しく展示されていて、
ちょっとした博物館になっています。
さすが「太閤さん」への愛が濃い!

夜は新世界へ。 にぎやかやねえ。
   DSC_0540_HORIZON.jpg

通天閣の展望台に登りました。
チケット(800円)と共に渡されたのが、
なぜが「うまい棒 もうカレー味」。《儲かれー》? 

 DSC_0549.jpg

チケットも「切符」だわ、
エレベーターは超低速で、たかだか五階までなのに
「ツァラトストラはかく語りき」(2001年宇宙の旅のメインテーマ)が荘厳に、
つまり場違いに流れてくるわで、
笑かそう、面白がらせようという意気込みがすごい!

その晩は、「ソースの二度漬け禁止」で有名な串カツと、
「どて焼き」(牛すじ煮込み)を食べました。

    DSC_0548.jpg
                               DSC_0543.jpg

串カツ、うまい! パン粉のきめが細かく油の吸収が少ないので、揚げ物なのにあっさり。
定番の牛串もおいしかったけれど、帆立やキス、レンコン、
そして紅しょうががおいしかった!
紅しょうがは添え物ではなく、これも串揚げになっているの。
大阪では天ぷらの具材として定番で、
スーパーのお惣菜売り場にもフツーにありますが、
関東ではまずお目にかかれないもの。ここにも関ケ原が!

翌日は朝から、なんばへ。まず、法善寺横丁へ。

 DSC_0551.jpg
       DSC_0555_HORIZON.jpg
   いいカンジの横丁でした。酒が飲めればいいのになあ(わたしは下戸)。

ここらへん一帯から道頓堀で、なぜか目に付くのは、ラーメン屋さん。
   DSC_0561.jpg
 10メートルおきにあろうかというほど。
大阪人を造っているのは、実はたこやきやお好み焼きではなく、
ラーメンちゃうか?

道頓堀ぞいをぶらぶら歩きながら、まずたこ焼きを。

 DSC_0556_HORIZON.jpg

 うまい~~! 関東で食べるより、中のトロトロ具合が三割増し。
ソースはあっさり目で、しょっぱくも甘ったるくもないのがうれしい。

名物のド派手な巨大立体看板を楽しみながら、

    DSC_0588.jpg
                   DSC_0589_HORIZON.jpg

遊覧船の船着き場へ。
大阪の川をめぐる、「落語家と行くなにわ探検クルーズ」です。

   DSC_0575.jpg
   船内のようす。今、噺家さんが説明してくれているのは、大阪市のマークのいわれ。
     お勉強になりました!

ここでのびっくりは、船に向って手をふってくれる人の異様な多さ!
手を振っているのは、地元の人よりも道行く観光客さんらしき人が多かったかも。
大阪の熱気と「楽しんだれ!」という精神が伝染るんでしょうかね~~。
ハイ、わたしも何度も何度も何度も、手を振りましたよ。

船から降りて遅いランチは、名店「今井」できつねうどんを。
甘めのおだし、あまーくてでっかくて肉厚のお揚げがうまい!
油揚げ、好物なんですわ。
それからちょっと歩いて、くいだおれ太郎を見て、お好み焼きを食べました(よう喰うなあ)。
 
      DSC_0581 - コピー
                 DSC_0583.jpg
         
これも、ソースが見た目よりあっさりしてて、生地は卵っけが多くてふわふわで、
おいしかったあ!

またちょっと歩いて、夕刻を待ち、

       DSC_0595_HORIZON.jpg
          道頓堀川 夕景。

老舗のおでんや、「たこ梅」へ。
関東人には珍しい、「さえずり」(鯨の舌)と「コロ」(鯨の皮)のおでんを食すためです。
ここにも関ケ原があります。
しかし、高い! どちらも一センチ角のものが三個ずつ串にささって、
なんと900円。一センチ角一個で300円かいな! しかたなく、三人で一串ずつ注文。
「どひゃー」といいながら食べていると、隣の席のおじさまが、
「昔はコロなんぞ、でかいのが5円で買えましたけどなあ。鯨、取れへんもんなあ」と。
国際捕鯨問題をひしひしと感じた1センチ角でありました。
味は。う~~ん。
あっというまに胃に落ちてしまったので、ショージキ、ようわからん・・・。
写真撮るの忘れるし。
こちらは、大根、ロールキャベツ、ごぼ天。
      DSC_0596.jpg


さて、大阪最終日は、日本橋(ニッポンバシと読みます)駅近くの黒門市場へ。

 DSC_0600.jpg

なごりを惜しんで再びたこ焼きを。

しかしまだ、心残りが。
わたしの好きな大阪グルメ№1を食べていない!
それはね、「大阪寿司」(箱寿司)。
木箱で押して作るもので、できたてよりも数時間たってからのほうがおいしい、
「早やなれ寿司」の一種かな。
美しく、ご飯と具が馴染んで一体となった深い味わいで、わたしは握り寿司より好きかも。

     hako_img.jpg
             ※画像は船場の「吉野寿司」さんHPからお借りしました。

が、高い! 一人分2500円くらいしちゃう。
そこで、黒門市場のお寿司屋さんの棒寿司三種類と稲荷を、
無理いってバラかして三人分の折りに入れてもらったら、大正解!
箱寿司に近い雰囲気になり、しかも1000円以下となりました。

千日前道具屋街へ。さすが、お好み焼きの調理器具が店先にどーん。

    DSC_0608.jpg

コテコテ大阪ツアーの最後を飾るのは、
なんばグランド花月です。
    DSC_0610.png

調達したおいしいお寿司を食べながら、くつろいで聴く漫才や吉本新喜劇、
どれも笑かしてもらいました~。
西川きよしさんやオール阪神巨人さんのなつかしいしゃべくりも、
もちろん健在でした。

公演終わって、新大阪へ。
大阪の喧騒から離れて、琵琶湖畔の長浜温泉へと向かいました。
その話は、また後日に。




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR