FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

目眩くファンタジーとしっとり和のファンタジー

  1. 2019/09/29(日) 15:50:38_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
最近出会ったファンタジーから2冊、ご紹介。
『月の光を飲んだ少女』 ケリー・バーンヒル作 表紙画 玉垣美幸  評論社

91Chwqp1fWL__AC_UL640_QL65_ML3_.jpg

中世ヨーロッパと思わせる小さなある町には、毎年赤ん坊をいけにえとして
魔女に差し出さなければならない決まりがあった。
村は閉塞感と悲しみでいっぱい。と、設定はよくある話。
ところが、その魔女は、村人がなんのために毎年森に赤ん坊を捨てているのかを知らず、
ひそかに赤ん坊を助け、かわいがって育てていたのだ。
ある年に助けた女の子に、魔女はうっかり魔力を持つ月の光の飲ませてしまう。
女の子は不思議な力をもつようになり・・・。
恐怖とあきらめが支配するこの町を救うのはだれ? 
そもそも、敵はだれ? 真に邪悪な者は意外にも・・・。

月の光を飲んだルナ。心正しくやさしい魔女、ザン。
思慮深い若者アンテイン、勇気と行動力あるその妻エイサン。
これらの人々が織りなすストーリーは、まさに目眩くファンタジー。

魔女の物語は山ほどありますが、
これはよくある魔女モノの顔をした、新しい物語でした。
「持病」のファンタジー欠乏症が、いっぺんに解消できました。

こちらは「和」のファンタジー。
『かなと花ちゃん』富安陽子 作 平澤朋子 絵 アリス館

71O8ru6FbWL__AC_UL640_QL65_ML3_.jpg

どういうわけか人形が主役のファンタジーに弱くて、
ルーマー・ゴッテンの『クリスマスの女の子』や『人形の家』、
シルヴィア・ウォーの『メニム一家の物語』シリーズも、梨木香歩さんの『りかさん』などなど大好き。
この作品も人形ファンタジーです。

野原に置き忘れられていたお人形の花ちゃんを抱き上げてくれたのは、かな。
花ちゃんは、かなに話しかけてみます。
かなは花ちゃんを家に連れ帰り、毎日いっしょに過ごすうちに、ふしぎなできごとに出会うように・・・。
かなの家である八百屋さん、お縁日、お寺の四天王、人形師のおじいさんなど、
どこか漂う懐かしい香りは、「昭和の女の子」も楽しめるでしょう。

富安さんは、『シノダ!』『妖怪一家九十九さん』シリーズなどの、
妖怪や神さまの楽しいファンタジーで知られる、大人気作家さん。
『かなと花ちゃん』は高名なシリーズ作品の陰でひっそりとたたずんでいるような、
ほどよく肩の力の抜けた極上和風人形ファンタジーでした。これはもう名人芸ですね。

やっぱりファンタジーはええなあ。

スポンサーサイト




恐竜はいつもおもしろい。

  1. 2019/09/21(土) 10:23:20_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
こんなピンバッチを衿につけ、
DSC_0392.jpg

こんな靴をはいて、恐竜シューズ

出かけて行ったのは――
もちろん、「恐竜博2019」、東京・上野の科学博物館です。

ow.png

展示の目玉は、謎の恐竜とされる「デイノケイルス」と、
北海道のむかわ町で見つかった「むかわ竜」のほぼ全身の骨格の化石。
写真可でうれしい!

デイノケイルス、でか!
DSC_0369.jpg

世界初公開の全身骨格、全長11メートルだ。
こんな大きなひとたちが、のしのし歩いていたんだなあ。
NHKスペシャルなどで、これらの恐竜の美しいCG映像をたっぷり見れるけれど、
やっぱり実物大の標本の大きさ、重量感は、博物館ならでは。

デイノケイルスは「恐ろしい手」という意味。

DSC_0360.jpg

この「手」にとっつかまった我が身を想像して、身震いしちゃった。

でも、彼らは全身が羽毛に包まれ、またけっこうカラフルだったらしく、
遠目で見たらかわいいかも?
DSC_0390.jpg

スーパースター、ティラノサウルスが友情出演。

DSC_0382.jpg
DSC_0391.jpg
恐ろしいお口! 恐竜には虫歯ってなかったのかなあ。

恐竜の研究は、ここ50年でずいぶん進んだそうで、
恒温動物で羽毛があり、動きはけっこう速かったひともいた、とか、
現存する爬虫類と違って抱卵し子育てもして、
しかもオスが子育てするイクメン恐竜もいたとか、
さらに今の鳥類は恐竜の仲間だとか、いろいろおもしろい。

むかわ竜。

DSC_0374.jpg

この9月に学名が決定したばかりで、
命名「カムイサウルス・ジャポニクス」。
「カムイ」はご存知の方も多いだろう、アイヌ語で「神」。
つまり、「日本の竜の神」だ。
このネーミングだけで胸が熱くなるなあ。
新しいものに名をつけるとき、へんてこな和製英語とか使うのやめて、
すてきなアイヌ語を使うといいよね。

さて、博物館のお楽しみの一つは、ミュージアムショップでの買い物。
今回ゲットしたのは・・・ 恐竜ホッチキスと、

 DSC_0395.jpg

 恐竜のかぎ爪の骨格標本型「孫の手」、
            DSC_0397.jpg

「鳥獣戯画」ふう「恐竜戯画」のクリアファイル。たのしー!
          DSC_0399.jpg
                DSC_0400.jpg
   

こちらは、日本の恐竜学者であり、
むかわ竜発見にも深く関わった小林快次先生の児童向け自伝、
『ぼくは恐竜探検家!』講談社

      51xMMXMJRGL.jpg

これ読むと、恐竜博士を目ざしたくなること請け合い。


天災は毎年やってくる

  1. 2019/09/14(土) 16:29:55_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ここ数日、ハラハラしっぱなしだ。
正確に言うと、今月9日から。
台風15号により、千葉県内の近しい親戚が停電の憂き目にあったのだ。

数時間で復旧してくれるよな? と願っていたが、
一日たち、二日たち・・・。
電気が通ったのは、昨日の夜だった。
遅い! 遅すぎる。
そしてまだ15万軒近くが復旧していない。

昨日一昨日あたりから、ニュースでも大きく報道されるようになったが、
停電当初は、被害情報は大きく取り上げられていなかったように思う。
首都の隣の県だというのに! 

そしてついに、猛暑のため熱中症で亡くなった方、
真っ暗の病院で体調が悪化し亡くなった患者さんもあらわれた。

もちろん、東京電力の作業員さんたちは、夜を徹して作業されているだろう。
なんせ軒数が多いし、倒木や倒れた電柱が作業を阻んでいるらしい。
でも――遅い。
電気だけじゃない、断水もあるし、家屋の倒壊もある。それらの復旧もたいして進んでいない。
しかたがない、で片づけられない。
千葉県知事は、なにやっているんだろう。
もっと動いてマスコミに被害を訴えたり、
自衛隊や消防など、しかるべきところに出動を頼んだり、できないの?
それができるのは、県の行政のトップだけじゃないの?
それから、総理! 内閣改造の発表を、
復旧のめどが立つまで待つことができなかったのか?

「天災は忘れたころにやってくる」のではなく、
「毎年、どこかにやってくる」日本、
なんだか行政が「災害慣れ」しちゃってないか?

千葉のみなさん、どうか一日も早く日常に戻れますように。
そして、これ以上、悪天がやってきませんように。
作業員さん、お疲れでしょうけれど、がんばってください! 

千葉・銚子の海。
DSCF6193.jpg


関東一円で見つけたオモシロイもの

  1. 2019/09/08(日) 15:25:14_
  2. 金亀のひとりごと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ちょっとヘンな画像がたまってきたので・・・。

これ、な~~んだ?

DSC_0347.jpg
DSC_0346.jpg

ホワイトチョコ「かいこの王国」。
パッケージのせいでどんよりしちゃってますが、
かなりリアル。
食べるのちょっと勇気いるかも。
卵、幼虫、羽化したものもあります。 群馬県内で。

これな~んだ?

DSC_0115.jpg


オイルサーディンの缶詰め、「ゴルゴサーディン」。
近所のスーパーで。

これな~んだ?
 
     DSC_0332.jpg
          
コメダ珈琲、じゃなくてカメダ珈琲。外観もビミョーに似ている!
カップの、トースト背負ったカメがかわいい。千葉県内で。
 
 DSC_0333.jpg


これな~んだ?

DSC_0336_HORIZON.jpg

お散歩中の牛久大仏さま。

茨城県牛久市で。車で走行中に遭遇しました。
おっきいです、120メートル! 立像としての高さは日本一、世界では3番目。
奈良の大仏が14.9mだから、
その迫力(なんていっちゃいけないね。尊さ?)が知れるでしょう。
散歩中の姿を見かけた人は、寿命が120日延びるそうです。




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR