FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

ファンタジー欠乏症の処方薬

  1. 2019/07/07(日) 15:43:06_
  2. あんな本、こんな本、どんな本?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 わたしはときどき、欠乏症にかかる。
 それは、「ファンタジー欠乏症」。
 
 子どもの時から、童話、物語といったら、ファンタジーと思いこんでいた。
といっても、小学生の頃はまだ本格的なファンタジーは広まっていなくて、
「長くつ下のピッピ」や「バンビ」をファンタジー世界のようにとらえて
(海外の児童書は、わたしにとってはファンタジーなのだ)、
空想に浸っていた。
たま~に日本のリアリズムの児童書を読むと、
むしろあまりに現実離れした子どもの世界に、???マークを飛ばしていたっけ。

今、次から次へと読まなければならない本があり、
ふと気が付くと、「ああ、このところファンタジー読んでない!」
飢餓感に襲われてしまう。

そんな日々に、たっぷりファンタジー世界に浸らせてくれたのが、この二冊。
『カッコーの歌』フランシス・ハーディング 著 東京創元社

       61-R6SjEDvL__AC_UL640_QL65_.jpg


 池に落ちて、一時的に記憶が混乱した11歳のトリス。
その耳元に、「あと七日」とささやく声。おそいかかるハサミ。異常な食欲。
妹は、「あれは偽のトリスだよ!」と叫ぶ。
わたしは、本当はだれ? なにが起きているの?
 舞台は、1920年の第一次世界大戦が終わって間もないイギリスのエルチェスター。
街の名士であるトリスの一家の礎となった後ろ暗い謎が、
トリスと妹、そして目には見えない不思議な人達の存在によって、動き出す――。
 
 脳内ぐるぐる、胸いっぱいおなかいっぱい。
これぞめくるめくファンタジー、100%堪能しました! 
結末は、予想を90度裏切られた。これもありか? うん、ありだわ。
 
『おじいちゃんとおかしな家 』西 美音  著・石川 えりこ 絵 フレーベル館

 61bQGdGH8XL__SX369_BO1,204,203,200_


くるみは小学4年生。くるみのおじいちゃんは元大工で、
木でいろいろなものを作るのだが、作るものはみんなへんてこなものばかり、
へんてこな「事件」が起きてしまう。
くるみと親友のマナちゃんは、その事件に遭うたびに大笑い。
おじいちゃんにもゼンさんという親友がいるのだけど、
その人にも大きな秘密があって、大騒動に。

カラっとしてのびのびと愉快で、
こういう作品って、なかなか書けないのではないかな。
くるみとマナちゃん、おじいちゃんとゼンさんとの友情もアツくて清々しい。

『カッコーの歌』が、「脳内ひっかきまわされるファンタジー」としたら、
こちらは「アタマと心がほどけるファンタジー」。

こういうのを読むと、数か月は元気でいられます。
そんな作品を、わたしも書きたいなあ。

スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR