FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

三月のおはなし会から

  1. 2019/03/31(日) 15:00:00_
  2. 読み語りは楽しいな
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
桜が三分咲きとなった。
でも、椿はだいぶ前から満開。えらいぞ、椿。

tubaki.jpg


椿の咲くころになると、『いってかえって星から星へ』を手に取る。
(佐藤さとる・文 田中清代・絵  ビリケン出版)

無題

先日、三月の放課後児童クラブでのおはなし会で読み語った。

ある星の宇宙船が、地球に接近! 乗組員が降りたったのは・・・。
この絵本は、最後のページまで行くと、上下ひっくり返してページを逆もどりしながら読み、
最初の絵に戻っていくという、おもしろい作りになっている。
つまり宇宙船の地球への往路と、復路の絵が共通なのだ。
でも、上下逆だから、ついさっき見た絵であることは、すぐにはピンと来ない。
そのくらい、ひっくり返していてもちゃんと成立する巧みな絵ということかな。
椿は、登場する地球の景色に(ニホンの、何の変哲もない児童公園)描かれている。
美しい宇宙船、美しい地球に、見惚れてください。

ほかに、よく三月に読むのは、
『ロバのシルベスターとまほうのこいし』ウィリアム・スタイグ 作・絵 評論社

51BQCGXRYAL__SX376_BO1,204,203,200_

一年のしめくくりに、じっくり読みます。
自分を大切にすることや、
パパとママがどんなに我が子を愛しているかを知ってほしくて。

『ひつじのメイ パパとママ』穂高 順也・作 沢田 としき・絵 キッズメイト

51S0FR180QL__SX334_BO1,204,203,200_

 パパとママは、なぜけっこんしたのかな?
そんな疑問をいだいたひつじのメイ。
自分が生まれてきた意味を問うお話ではあるのだが、
まあそこはあまり難しく考えないで、
次々に出てくる
もしパパがブタだったら? とかママがゾウだったら? などの展開を
子どもたちといっしょに楽んでいます。
わたしは、いろいろな動物とヒツジとのハイバイブリットとなったメイの、
「ブヒーメェェェ」とか「パオーメェェェ」とかの鳴き声を、
高らかに読むだけで、テンション上がるわ。 

さて、四月からまた、放課後児童クラブで新一年生と会える。
一年間、いっしょに絵本やおはなしの世界を旅しようね。

スポンサーサイト





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR