FC2ブログ

金亀苑 金治直美ブログ

児童書を追いかける日々

わすれない。あの日。

  1. 2019/03/10(日) 18:56:36_
  2. 児童書のぐるり
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
8年目。「あの日」から時が止まったままの方は、まだ何千人何万人もおられるのではないか。
運よく大震災をまぬがれたわたしにできることは、
風化させないことに尽きるだろう。

「あの日をわすれないで 作家4人が書いたそれぞれの3・11」に行ってきた。
四人の仲良し作家さんの絵本とノンフィクション児童書、その原画と写真展だ。

a401342c80a7ee0c70cfac19d17a0f59-1024x692.jpg
 
作家は、ささきありさん、すとうあさえさん、堀米薫さん、光丘真理さんという
実力者ぞろい。
3,11への悲しみ、嘆き、未来への希望と願いが、
どの本のどのページを開いても、溢れ出して来る。

本日1時からの「読み語りトーク」イベントに参加してきた。
四人の作家さんプラス『タンポポ』の絵の山本省三さんが、
絵本の読み語りと、ノンフィクション物語の執筆時の思いなど、
15分くらいずつ語ってくださった。

宮城県在住の堀米さんの「牛を置いて避難できない」という言葉、
DSC_0671.jpg

 
たまたま現地を訪れて被災した光丘さんの、「3,11直後、被災の方々がいたわりあう姿」、
      DSC_0676.jpg

山本さんの「自分が絵を描いていいのだろうか」という迷い、
 DSC_0678.jpg

ささきさんの「『街づくりに自分たちを使って』という子どもたちの熱い思い」などなど、
胸打たれる貴重なエピソードばかり。
 DSC_0682.jpg

被災の方々は「忘れたいのに忘れられない」という辛さを抱え、
そして被災していない人々は「忘れてはいけないのに忘れてしまう」。

本はいいね。
すとうさん、「『映像は消えてしまうけれど、本は残る』と、
「デーデ」の絵本出版を喜んでくださったのは、テレビ局の方」とのこと。
          DSC_0666.jpg

そう、忘れないよ。
心に刻むよ。
そして、本に明日を託そう。

スポンサーサイト





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

金G亀美

Author:金G亀美
イラスト:大塩七華
かなじ・なおみ 児童書作家 埼玉県在住。
主な著書に『さらば、猫の手』(岩崎書店)『マタギに育てられたクマ』(佼成出版社)『ミクロ家出の夜に』(国土社)『花粉症のない未来のために』『子リスのカリンとキッコ』(佼成出版社)『知里幸恵物語』(PHP研究所)『私が今日も、泳ぐ理由 パラスイマー一ノ瀬メイ』(学研プラス)『となりの猫又ジュリ』(国土社)『クレオパトラ』『マイヤ・プリセツカヤ』(学研プラス)『読む喜びをすべての人に 日本点字図書館を創った本間一夫』(佼成出版社)など。
日本児童文芸家協会会員 
童話サークル「かざぐるま」会員
よみうりカルチャー・大宮教室
「童話を書いて楽しもう」講師

« 2019 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR